俺のE3はこんな感じ。

世界最高峰のゲーム見本市E3がほぼほぼ終わった。

流石に一般人は開催地であるロサンゼルスまで行くわけにも行かないので、PCやスマホでカンファレンスの映像を見ることになるわけだけど、たとえ初出しのタイトルでなくとも、ショーアップされた売り込みの様子はただただ面白く、気付けば全ての(PC以外)発表動画を見てしまっていた。











今年もE3とは別に単独で行ったEAは、まあ普通といった趣で、前座としてはあまり機能していなかったものの、先頭バッターであるMicrosoftは次々とご馳走でしかないタイトルの発表を繰り出し、飽きることなく楽しませてくれた。独占タイトルであるHALO、FH、Gearsの新作は勿論のこと、つい「O・TO・GI ~御伽~」を思い出してしまうようなフロム・ソフトウェアによる”和”のタイトル「SEKIRO:SHADOWS DIE TWICE」や、様々なジャンプのヒーローが登場するらしい「JUNP FORCE」、更には「Cyberpunk 2077」なる燃料まで投下してくれる始末。Microsoftの政治力(?)を感じさせる良いカンファレンスだった。

後はこれらが国内Xboxで出るかどうかだけである.....








その後もベセスダ、スクエニと続いたわけだが、ショーとして愉しかったのは、やはりUBIだった。有力なソフト一つ一つに、何かしらのショーアップが施され、最後にはUBIの面々勢揃いでご挨拶と言う、まるで舞台のカーテンコールのような幕引きに至るまでショーとして完成されていた。お陰でその次に登場したソニーの発表の地味さというか、味気なさったらなくて、発表されたゲームそのものは、そこまで悪くないのに、正直退屈に感じた。

けして面白おかしくゲームを紹介するのがE3本来の目的では無いのかもしれないけれど、どうせなら楽しく新しいゲームのことを語って欲しいものである。そういう点で言うと、締めが任天堂で本当に良かった。こぢんまりとしていても、要所を抑えた温かみのあるカンファレンスで、ファンの多くが望んでいるであろうスマブラのことをみっちりやっていたのも任天堂らしかった。



※アーマードコアのメンツが参加のDAEMON X MACHINA。相変わらず河森正治メカはカッコいい





おそらく、E3で紹介されたゲームの1割も遊ばないだろうし、まず買わない。お金も時間も体力も余裕がないからだ。

本当はE3など見ない方が良いのだろう。こうして新しいゲームを目にしてしまうと、物欲が刺激されてしまうのだから。

無理なく本気で遊びたいゲームだけを選び取るには相当気を使いそうだ....

デス・ストランディングは絶対買うだろうし......Beyond Good & Evil 2は日本語無くとも遊びたいし......The Last of UsのPart IIやGears5を素通り出来るわけもない........


2018年の後半も、悩ましいゲーム事情になりそうだ.......