自分がやりたいゲームが分からない「QIX++」タイトー/PS/Xbox

自分がどんなゲームをやりたがっているのか分からない。

ミリタリー物のFPSをやってもモチベーションは続かないし、評判の良いオープンワールドのRPGは横道に逸れているうちに飽きてくる。

かと言って昔好きだったJRPGの新作に手をつけても、古臭かったり革新的過ぎて楽しめないシステムに心が萎えてやる気がおきない。何より今のJRPGは狙い過ぎたセリフが鼻についたり安っぽくて感情移入がまるで出来ない物が多いから地雷ばかりだ。




”一時期あれほど好きだった物なら、今やってもきっと楽しめるはず”

そう考えて昔の楽しかった記憶を頼りにジャンルを掘り起こしても、なかなか今やりたいゲームに辿り着けない。

贅沢になったのもあるだろうし、老化も当然ある。でもそれだけが原因ではないだろう。なんとなしに思う一番の要因は、あまりにもアニメとの境界線が曖昧になってしまったせいでありきたりに感じてしまうんじゃないかということ。ゲーム中の絵は3DCGでありながら、パッケージやムービーがアニメなタイトルだけの話ではなく、それらが全て3DCGでも演出や脚本が安っぽいアニメにありがちなテイストのゲームが非常に多いし、声優によるボイス付きが当たり前になってしまったことで、更にアニメっぽさを助長しているように思えてならない。





僕はアニメが大好きだ。毎週二桁単位でアニメを観ている。でも好きな物も食べ過ぎたら毒でしかないことも知っているのだ。

物凄くぶりに自機でラインを引いて陣地を取るタイプのゲームを遊んだら、とても楽しめた。久しぶりだったこと以上に、シンプルな遊びだったから夢中になれたのだろう。

Xbox360への移植版がXbox Oneに対応したのを遊んでみた



”ライトユーザーも遊べる”を売りにしていても、なんだかんだで複雑な操作を要求され、ルールの面でも面倒な縛りが多い昨今のゲームを見ていると、一から十まで遊ぶ為の道筋をつけたりせず、遊ぶ側の想像力を刺激するような余地を残したシンプルさが欲しいなとつくづく思う。Minecraftが売れたのも、そういう理由からなのではなかろうか?

まあ、僕はあのゲーム合わなかったけど......