オジさん、ようやくこの春散ったアニメを見終わったよ....

季節の変わり目にアニメが入れ替わると、なんだかんだで俺はコレを見るぜ!と、後で忘れてしまわないよう(ネット配信でしか見れないことも多いから本当に忘れてしまうことがある...)に書いておくのだけど、それをチェックした感じでは年明けに始まった作品の中で見てみようと思った作品は軒並み最後まで見たようだった(ダメプリと他2作以外...)

既に「宇宙よりも遠い場所」「ポプテピピック」「恋は雨上がりのように」「刻刻」などは面白かったと書いたので割愛するとして、他にも色々と面白い作品があったから忘れないように書いておこうと思う。




ブログを始めた当初も、自分が見たもの考えたことを忘れないように書いておこうという意味合いが強かったのだが、あれから10年近く経って更に”ここ”を頼りにしている節があって苦笑いするしかないわけだが、さて、そんなナィーヴな中年の心には何が響いた冬アニメだったろうか?まず日常系アニメに癒されたのは間違いない。信号機色(青・黄・赤)の少女たちが、忙しい大人達(割と暇そう)の代わりに上野を守る(荒らす)は、気の抜ける三人のやり取りに毎回ほんわかさせられたし、小人や獣や昆虫まで一緒になって暮らす世界観を丹念に描いたハクメイとミコチには、言葉に出来ない癒しがあった。彼女らにとっての日常には、とても説得力があり、つい引き込まれてしまったのだ。実在する文化形態を知らない人には考えつかない細やかな設定の数々が素晴らしい作品だったと思う。





大味でも娯楽として楽しかったと言えばキリングバイツ」博多豚骨ラーメンズ、そして少し休んだのち続く予定の「オーバーロードⅡ」だと思う。奇しくもどれも殺し合いになる作品ばかりだが、キリングバイツはお色気と血で染まったバトルロイヤルが郷愁すら誘う作りで普通に楽しめてしまった(本編終了後の乃塒 押絵ちゃんのミニコーナー大好き)し、まさかの殺しを請け負う会社が大っぴらに営業しているという設定の、どこもかしこも殺し屋だらけな博多豚骨ラーメンズは、初回から様々な人間の利権が絡み合って進行していくから妙に続きが見たくなる不思議なアニメだった。特に女装した殺し屋のメインキャラ"林 憲明"(リン・シェンミン)の子供っぽくてドジなところが可愛らしく、CVが女性ではなく”梶裕貴”だったのも絶妙なキャスティングだと思った。彼を救うことになる”馬場善治”の気安くずかずか踏み込んでくる感じとの組み合わせは素晴らしい食べ合わせだった。このコンビなら腐女子もイチコロだろう。オーバーロードに関しては今更言うこともないのだけど、とりあえずリザードマンと執事が最高の2期だった。






冬アニメというか、最近終わった作品にはかなり泣かされた。「宇宙よりも遠い場所」は当然だが、「刻刻」も終盤良い塩梅で泣かされたし、毎回のようにメソメソしてしまったのは「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」だったろう。精巧な義手が作れるような技術のある世界観なのに、それ以外は非常に古い時代設定で、お話自体は何処かの映画で観たようなエピソードばかりなのだけど、戦場でしか自分の存在意義を見つけられなかった少女(人間かどうかは分からない。凄い戦闘能力を有している)が、両腕を失くし大事な上官の安否も分からず、これから何をしてゆけば良いのか分からない状態のまま、誰かから誰かへの想いを認める仕事を通じ上官が残した”愛”の意味を理解するようになっていくまでの過程が上手く構成されていたため、下手に茶茶を入れる気にもならないまま素直に最後まで見てしまった。それに何よりED曲がズルかった。あんなの聴かされて泣かずに居られる方が僕には理解出来ない。茅原実里さんの他の曲はピンと来ないのにコレはダメだ......普通に買ったよiTunesで.......







あぁ....また泣きそうだ.......「♪優しさで編み続けた〜⤴」ここで毎回涙が流れるんだよ.......

そういうわけで、もういいよね...........

そろそろ新しいアニメ三昧するよ.....

新銀英伝も見たいしね......