たまには自衛隊を褒めてやりたくなった「3.11東日本大震災 自衛隊災害派遣「絆~キズナノキオク~」」Netflix/感想

昨日はあの震災からから数えて七度目の3月11日だった。

「あの」と言えば何処で起きた震災なのか誰でも分かるくらいに7年などあっという間のことである。



朝目覚めて、いつものように朝食を摂りつつNetflixで何か見ようかとした時、ふと3.11で検索したら何か番組が出てくるんじゃないかと思い検索してみたところ、岩井俊二さんの「friends after 3.11」を差し置いて「3.11東日本大震災 自衛隊災害派遣「絆~キズナノキオク~」」というドキュメンタリーがトップに表示された。



その名の通り自衛隊が主役の広報ドキュメンタリーで、冒頭からこういう自体に対処出来るのは”我々”だけだ!とアピールから始まり、これは見るのが苦痛かもしれないなと嫌な予感しかしなかったものの、ドキュメンタリーの為に録画しておいたとは思えない映像が多々あって、予算が無い安い作りであることが逆に功を奏し興味深かった。確かに陸海空合わせて10万人規模の動員で対処した自衛隊の尽力が無ければ、もっと被害は広がっていたことだろう。少しくらい彼らに自慢する時間を赦してあげても良いなと思った。

津波で被害にあった基地の状況や、瓦礫を除去する際被災者が居てはいけないから大きな重機を入れられなかったとか、原発の冷却のために海から近づいたといった話から、炊き出しの際は暖かいご飯は被災者へ渡し自分たちはいつものレーションを食べていたなんていう話まで語られていたが、一番聴いていて辛かったのは捜索の際次々と見つかる被災者の遺体の話だった。極力控えめに話しているのだけれど、当時を思い出してしまっているのか表情が非常に重く、誰に言われたわけでもなく遺体の顔についた泥を水筒の水で洗い流し語りかけていた隊員がいたという話にはこみ上げるものがあった。なにせ一人や二人の遺体ではないのだ、どんなに心身を鍛えている自衛官とはいえ本当に辛い毎日だったろ.....




僕は自衛隊など好きではない。身近で関わった自衛官や元自衛官にろくな人間がいなかったからだ。でも、それが自衛隊の全てではないし、彼らが必要な場合も間違いなくある。誰かがやらねばならない職業なんだろうと最近は思う。

願わくば北朝鮮と戦う彼らの姿ではなく、これからも災害の最前線で思いやりの姿を見せて欲しいものである。自衛隊は雪像作り以外役立たずと思われるくらいで丁度良い。

彼らが暇であれば平和である証拠なのだから。





ちなみに、ナレーションは山寺宏一(小声)