うちの首相とは大違い.....「デヴィッド・レターマン:今日のゲストは大スター」バラク・オバマ/感想

飾り気のないステージの質素なライティングが照らすのは2脚の椅子。

そこに白く立派な髭をたくわえた老人が入って来る。

観客は実にアメリカ人らしい盛大さで彼を迎えるのだが、日本人で海の向こうのことに疎い僕には何故この草臥れた老人に歓喜しているのかが分からない。


しかし、彼に続いて登場するゲストとのやりとりを見ていると、ただの老人ではないことくらい、僕にも理解出来た。

なにせアメリカ合衆国の元大統領が親しげに話し掛けていたのだから....


IMG_7229.jpg
IMG_7230.jpg



バラク・オバマ氏がアメリカの大統領に就任した時、64兆円にも及ぶ負債を産んだリーマンショックや終わりの見えない中東情勢とテロにより世界中が苦境に立たされていた。前政権の後始末とも言えるそれらの案件だけでも大変だというのに、アフリカ系である彼は人種差別とも戦わなければならなかった。僕のような一般人には想像することすら難しい重圧が彼と彼の家族にのしかかっていたことだろう。それでも信念を曲げず大統領を務め切ったオバマ氏は本当に尊敬に値する男である。


IMG_7244.jpg

IMG_7247.jpg

IMG_7248.jpg




トランプ大統領の醜態を散々味わったアメリカ人の多く(一部の富裕層以外)はオバマ氏がどれほど健全で公正で綺麗な理想を抱いた指導者であったかを痛感していることだろう。最長でも2期8年しか務めてはいけないという法がなければ、まだアメリカの大統領はバラク・オバマ氏だったに違いない。ほんの少しの未練を見せつつも妻に捨てられたくないとはにかむオバマは可愛らしかった。だが56歳で隠遁生活など相応しくないだろう。近い将来訪れるであろう民主党政権が誤った道を進まないよう舵取りをお願いしたい。もっとも責任の重い国が、これ以上狂ってしまわないように....


IMG_7237.jpg

IMG_7238.jpg

IMG_7240.jpg

IMG_7241.jpg

IMG_7242.jpg

IMG_7243.jpg

軽口から両親や政治までみっちり語ってくれているが、奥さんに捨てられたくないと呟いた瞬間が一番良かった





今朝テレビをつけると国会が紛糾していた。ヒステリックに声を上げる野党議員と、それを冷笑する安倍総理。どっちもどっちではあるものの、上辺だけを取り繕った安倍政権の詰めの甘いやり口は見飽きてしまった。僕は自分の為であるのを隠し「あなたの為」と言って近づく人を信用しない。だから安倍さんも信用できないのだ。


出来るものならオバマさんを日本の首相にしたいとすら思ってしまう。サッカーの代表監督が外国人で上手く行くのなら、日本の政治も外国人に任せてみても良いのではないか?どうせ大企業の多くはトップが外国人である。そしてその大企業の多くが政治に深く関わっている。なら、政治にしたって案外上手くやれてしまうだろう。






バラク・オバマはスタンディングオベーションで迎えられたが、安倍さんがゲストだったら誰一人狂喜する人は居ないでしょうね....