今こそ読み直せ俺っ「アルスラーン戦記 王都炎上・王子二人」田中芳樹(著)/光文社/感想

昨年末まさかの完結編を刊行したアルスラーン戦記。


せっかくだから是非とも最終巻を読みたいところではあるものの、何年も前から続きは完結してから読もうと買うだけ買って積んでいたため、正直何処まで読んだか定かではなく、これじゃあ最初から読み直した方が良いと1巻を引っ張り出した。


王都炎上・王子二人 ―アルスラーン戦記(1)(2) (カッパ・ノベルス) -
王都炎上・王子二人 ―アルスラーン戦記(1)(2) (カッパ・ノベルス) -




何度か読み直しているし、荒川版の漫画もアニメも見ていたわけだから、何一つ驚きは無いのに、なんだかんだで楽しんでいる自分がいた。アルスラーンと仲間達の気転の効いた逆転劇は痛快だし、悪い連中はしっかりとその役割を果たしている。主役が属する大国が盛大に負ける序章の面白さったらない。田中芳樹氏の十八番である体制批判にしても、薬師寺涼子シリーズを書いていた時は少々くどかったが、この時期の作品は丁度良い火加減で胃もたれもしない。人智の及ばない存在が色濃くなって行ったことには賛否があるが、よくよく考えれば化け物を復活させようとしている悪者どもが、当初から地面の中を自由に移動していたりしたのだから、一つもおかしく無いような気がしてならない。逆に序章とも言える壮大な小競り合いが長すぎただけとも言えるんじゃなかろうか?


それはそうと、今回読み直していたら自然と荒川弘氏の絵が頭に浮かんだ。アニメ版の記憶も新しいからだろう。原作・アニメ・漫画を彩った天野喜孝さん、神村幸子さん、丹野忍さん、そして荒川弘さん。イラストの面でも一粒で何度も美味しい作品である。角川版は「妖雲群行」までしか存在しないが、天野喜孝氏のイラストだけでもどうにかして荒川弘版から入ったファンに触れて貰いたいものだなぁと思った。


IMG_6963.jpg




富野由悠季は”皆殺し”の異名を持っていたが、田中芳樹氏も結構重要なポジションのキャラを殺している。なるべくネタバレはしないようにアルスラーン戦記絡みをネットでは見ないようにしてはいるが、チラッと”あの”キャラが死ぬと目にしてしまって、ずっとモヤモヤしている。読者からの「死んで欲しくなかった」「なんで殺したのか?」という声が上がるのは、ある意味作者冥利に尽きるのかもしれない。読者がそのキャラを愛おしく思えるように書いてこれたという証拠なのだから。


何十年も小学生でいなければならないキャラクターよりは、どんな形であれ天寿をまっとう出来るキャラの方が幸せなんじゃないかなとは思うが、キルヒアイスだけではなく、ヤン・ウェンリーやその他大勢まで死んでいったのは本当に辛くて、何度も何度もヤンがユリアンに弱々しく謝るシーンなんてボロ泣きさせられたもんだ.....






銀英伝の話になってしまったけれど、ほんとに誰がどれだけ死んでゆくのか気が気じゃ無いのは間違いない.....