特に代わり映えしない2017年と、浪費癖が全開の師走

もうあと10時間もしないうちに2017年が終わる。

まるで実感など無いまま時間だけは動いてゆくのだ。


今年はどんな年だったか?

何をやった?

少しでも変化はあっただろうか?

思い出そうとしても何一つ浮かばない。



一つだけ言えるのは、何をするのも億劫で、やっていても楽しめない時間が多かった。

じりじりと迫り来る老化もあるだろうし、国の内外が不安定で、無邪気に何かを楽しむ気になれなかったのも大きかったろう。

新しい何かを始める難しさが骨身に沁みる自分になってしまったものである。





新しいと言えば、年末になって掃除機とテレビを買った。

掃除機はダイソンのハンディタイプの新型で一番安いモデル。男心を擽ぐるフォルムと鮮やかなカラーリングを目にして一も二もなく買ってしまった。

IMG_6694.jpg
箱を開けただけでわくわくが止まらなかった

IMG_6696.jpg
IMG_6695.jpg
派手なカラーリングが目を引く

IMG_6937.jpg




名前ばかり先行していて、どれほどの物なのか眉唾ものだったものの、概ね満足の行く買い物だった。吸引の速度が二段階しかないとか、スティックが伸縮しないため微妙な長さが欲しいとき使い難いとか、排気の勢いでまだ吸っていないゴミが飛び散る(ハンディとして使用している場合)とか、満充電でも結構早く電池が切れるとか、欠点を上げれば結構あって、完全無欠な商品とは言い難いけれど、使っていて楽しいのは確かで、使用後の収納や吸い込んだゴミの処理はし易く、マニアックな話をすると電源のオンオフの際のキレのある音も魅力的である。


他人のですまん






TVに関しては、本当は買う気は無かったところに、茶の間のテレビが壊れるという自体が発生して必要に迫られ購入するハメになってしまった。と言っても、買ったのは自分用で茶の間には僕のお下がりを置いたのだから悪くもない。PS ProやXbox One Xが現行機になった今、そろそろ4Kに対応したテレビを購入しなければならなかったのは変わりないのだし。

買うと決めて真っ先に浮かんだはソニーで、あれだけPS4が売れているのだからゲームのことも考えた機種があるに違いないと調べたら、やはりゲームなどに向いていそうな性能を売りにしていて、他所の会社の商品をチェックするまでも無いだろうと決めてしまった。我ながらこれと決めたら脇目も振らず突き進む男だ。


IMG_6912.jpg
新しい物を梱包から解放するのが一番楽しい

IMG_6914.jpg
面倒なシール剥がしすら鼻歌交じり
IMG_6915.jpg
TVの土台を組み立てただけでやり遂げた感




正直言って、2Kからの4Kは、どれほど綺麗になっているのか肉眼では直ぐ分からなかったけれど、今まで使ってきたレコーダーやゲーム機を同じように使っているうちに、細かな変化を少しずつ実感して、じわじわと新しいブラビアと4Kの凄さが分かって来た。惜しむらくはOS面で分かり辛かったり、操作性が悪かったりすることだろうか?各種設定の際にアドレスやパスワードを入力する際のキーボードにしても、レスポンスがあまりにも酷い。お粗末と言っていいだろう。

あと個人的に気に入らないのは、内臓スピーカーの貧弱さと、リモコンの受光部がテレビの正面下にあること。TVの前に機器をセットするとリモコンが効かなくなってしまうのだ......

こういう些細なストレスの積み重ねが、まるで熟年離婚する夫婦のように、ユーザーからメーカーへの愛を失わせていく結果に繋がるんじゃないかとちょっぴり思った。

それはそうと、来年こそはお金を貯めたい。そうじゃないとボロ車を買い替えることもままならないから....








2018年も何も無い1年になるだろう。寝て起きて働いて無料ゲームに課金して、気づけば2019年.......

まあ、それも人生なんだろうなぁとは思う。

立派な人生など僕には不釣り合いだ。

時々生きているのも悪く無いと思えれば十分。

なんの抱負も必要無い。

胸を張って言おう。

ノープランで上等だと.......




「あっという間に2019年」だと、来年の大晦日に苦笑い出来るまで、壮健であればいいね