人のふり見て我がふり直した方が良いかもしれない...「マンハント(原題 MANHUNT:UNABOMBER)」Netflix/感想

丁度日曜日に当たったクリスマスイブ。リア充には素晴らしい夜となったことだろう。

美味しい料理に大好きな人。

フライングでも互いにプレゼントを交換し合ったに違いない。






”大好きな人”に関しては、まあ良いとして、ケーキくらい食べても良かったかなと、居眠りしているうちにクリスマスが終わった今思っている。何かの日にこじつけ無いと、なかなか食べるタイミングを掴めやしない。

結局24〜25と、社会への憤りを抱えた寂しいテロ犯を分析するうちに、家庭をぶち壊し人間関係を失い続けることになるFBI捜査官のドラマを観て過ごしていた。



IMG_6892.jpg
役者も豪華だがロケーションもなかなか良い




実際に存在した爆弾魔ユナボマー事件をドラマ仕立てに脚色したTVシリーズで、アメリカでは珍しい10話もない構成だからテンポも良く、最後には「こいつらは俺だ」と、捜査官や爆弾魔相手に感情移入していた。

優秀だからとユナボマー の捜査本部に引き抜かれた主人公の男(サム・ワーシントン)は、昔ながらの捜査手法に凝り固まった上司になかなか意見を聞いて貰えず、何もかもを失っても信じ続けた自分のやり方がようやく花開いたかと思えば、その成果を上司達(お前の代わりなどいくらでもいると言っていた人達)の手柄として奪わる。また一方でユナボマー ことセオドア・カジンスキー(ポール・ベタニー)も幼い頃から他者に裏切られ続け、自分の望まない役割を求め続ける社会と、それらを変えることも出来ない己の弱さに絶望して爆弾作りを始めてしまったようなところもあり、ドラマを見る限りでは同情を禁じ得なかった



まったく違う立場でありながら、二人は実によく似ている。自らの価値観を信じ続けることの孤独さが付き纏っているのだ。人間何処でどうボタンを掛け違えるか分からない。正しさは一つと信じたくなったり、他人に自分のルールを無理矢理当てはめようとしたくなったとき、最悪の頂まで到達してしまった彼らの姿を思い出すべきだろう。



いや、それこそ「かもしれない」で留めるべきかもしれない.....

IMG_6905.jpg