生きる理由がamazarashiで何が悪い「地方都市のメメント・モリ」amazarashi/感想

なんでもDL配信で済ますようになってから、物理的なパッケージでニューアルバムを迷わず買っているアーティストはamazarashiだけになったかもしれない。いや、迷わずということはないか。近年のamazarashiはシングルでもアルバムでも何パターンか用意されているから少々迷いはある。

IMG_6867.jpg


今回は”365日詩集ダイアリー”と題した分厚い冊子と、まさかの今年のツアーファイナルの映像が入ったDVDディスクが付きのを選んだわけだが、ここまで充実していて5000円の切る価格(Amazonならば4千円も下回る)だというから驚いた。今年の10月に開催した公演の模様を最早アルバムの特典として付けるだなんて前代未聞(俺が知らないだけかもしれない)ではなかろうか?通常のライブDVDと比べても遜色ないもので、まだ記憶に新しいうちに今年の公演を振り返ることが出来て最高に幸せな時間となった。

IMG_6866.jpg
この余白を埋めたいが勿体なくて....


IMG_6846.jpg
IMG_6850.jpg
IMG_6848.jpg
IMG_6851.jpg
IMG_6859.jpg
IMG_6854.jpg
IMG_6852.jpg
秋田ひろむの背中は雄弁だ





肝心なアルバムの内容にしても、ご新規・古参共に満足出来るようなバランスの良い物になっているような気がした。聴いてくれる人のいない売れない歌手から、誰かの人生を狂わせてしまうくらいの歌手となり、無闇に尖るだけじゃ駄目だとファンへの責任みたいなものを感じているような、秋田ひろむの人間味が伺える曲が多かったように思う。

売れだしてからキャッチーなだけの曲がアルバムに並ぶことが増えたけれど、タイアップ曲が数曲入っている割に全体像としての”絵”が頭に浮かぶアルバムに仕上がっているし、この曲達を聴けるならばと来年のツアーもお客さんが大勢集まるだろう。支払い指定のファミマが地元に無いから先行は諦めたが、一般発売は絶対逃せないなと僕も思った。




ちなみに、今回のお気に入りは、勿論今年のライブで痺れた「たられば」だと言いたいところだけど、「ハルキオンザロード」「悲しみ一つも残さないで」「バケモノ」「リタ」の流れがたまらない。センチサイドの秋田ひろむ大好きだから、本作はかなり俺得だと思う。



あぁ.....会場ですすり泣くファンの声が今にも聴こえて来そうだ.....

6月までは意地でも生きねば。

amazarashiは生きる理由に値する。