男が女でアイドルだったら面白いじゃない「AKB49〜恋愛禁止条例〜」宮島礼吏(作画)/元麻布ファクトリー(原作)/感想

僕はこれまでアイドル相手に泣いたことなど無い。


人並みに「可愛いなぁ」と短期的に夢中になったことはあるが、パフォーマンスの凄さや引退の報を聞いて泣くほど感情を揺さぶられたことなど一度たりとも無かった。


なのに、たかが漫画の架空のアイドル、しかも”女装”で”女性”アイドルを続けた男に40歳手前で泣かされてしまったのである…





男が女装をして女性アイドルになる話というと、"やぶうち優"先生の「少女少年」シリーズを思い出すが、本作のキャッチーなところは実在するAKB48を巻き込んだ形でストーリーが進んで行くところだろう。残念ながら僕はAKBをまるで知らないので、どこまで本作が実際のAKBメンバーの特長を表現出来ているかは分からないものの、僕でさえ名前を知っているメンバー相手に真っ直ぐ立ち向かい、本物のアイドルへと生まれ変わってゆく主人公の姿は本当に胸熱だった。


もしも僕が誰かの熱心なファンならば『憧れの存在そのものに自分がなれたなら....』と、心の片隅で考えるだろう(本作のメインヒロインは前田敦子に憧れている)でもその対象が女性であったなら男という性別でまず諦めざるえない。だから、元々AKBのファンでもなく、大好きな女の子がAKBのファンでオーディションを受けるというから少しでも近くでサポートしてあげたいと女装してまでオーディション会場に入り込んだ結果、秋元Pの気まぐれで合格してしまう主人公のありえない幸運に、どれだけの人が「それで叶うなら苦労しねえよ...」と嫉妬混じりに呟いたかしれない。まさか、この作品の影響で実際に女装した人や性転換した人が自分もAKBになりたいとオーディションを受けに来たりしているのだろうか?そろそろ女の子に飽きて、男の中の女の子成分に秋元康が目を付けるなんて未来があったら面白そうではあるけれど....

B5864D3A-B548-4C75-9F98-248FE3D5BDA3.jpg
まるでAKBなど眼中に無かった男の子が
DC686EA1-8144-435F-B1A0-2145884FB3BF.jpg
大好きな女の子のために一肌脱ごうと暴走
ACB4E396-486D-49CA-A6AA-03B322661F15.jpg
結果まさかの合格....


なんにせよ純粋に熱い少年漫画だった。秋元康の放つ試練を何度と無くクリアし、最後には性別など関係なくAKBとして認められステージに立ち、潔く去っていくことになる生き様に何度と無く胸が締め付けられた。この広いようで狭い世界で、あっという間に消費されてしまうアイドルのうち、一体どれだけの人たちが本気でアイドルとしての自分と向き合っているか分からないが、この漫画を読むように彼女彼等の努力が見れたなら、もっともっとファンの心は熱く燃え上がるに違いない。本音が見えて逆効果かもしれないが.....

EE259A3B-731B-4BE7-B378-6B25F95EE83D.jpg

根性だけのアイドルから

10A3E70B-C9B4-4E91-BDC1-F354E5D58068.jpg

04143B13-066F-4236-8DC8-E04FB00FEEE9.jpg

一生懸命な仲間達に感化され

3E90CC2D-F4D6-4367-8618-DC980D05A194.jpg

心身共に本物のアイドルへと成長していく




彼女(彼)の頑張りを読み終わり、こんなにも打ちのめされている自分がいて驚いた。今日1日自律神経をやられたのではないかと思うくらいフラフラだった。ここまで打ち込める何かを自分は持っていないことが残念であると同時に、似たような経験をちょっぴりしているせいかもしれない。その昔、ゲームで女性のアバターを使っていたがために、僕を女性だと思った人がいて、出来心で女の子っぽい文面でメッセージをやり取りをするようになり、どんどん男だと言いだせなくなっていたとある日、その人からしばらくゲームが出来なくなると聞いて、このままじゃ駄目だと思い自分は男であると告白した時の苦い思い出が、最後の最後で追い込まれファンに男だと告白せざるえなかった主人公とダブってしまうのだ...

86A74258-2925-483E-AAED-44A27DE3F475.png

皆にバレてもなおアイドルとして在りたい自分の気持ちを吐露する良いシーン



しかも嫌ぁ〜な連中に仲間の将来を脅かされ、ファンへの誠意も込めて告白した彼とは違い、僕のはただ自分が楽になりたかっただけだった。それがこの漫画を読んで僕が苦しむ本当の理由なんだろう。僕に彼ほどの勇気や仲間の支えがあったなら、男だなんて告白せず墓まで嘘を持って行けただろうか?そんなどうしようもないタラレバに溜息を吐いてしまう情けない自分に、力なく笑う以外の術を僕は持たない。

5D00D789-47A5-41E3-84B9-4C1CA888BC85.jpg

いつも狡い登場の仕方をする秋元Pのような支えがあったら心強いことだろう





フィクションとは誠に甘美で残酷なものだなぁとしみじみ思う






マガメガ AKB49〜恋愛禁止条例〜

吉永寛子Twitter