我が青春のOVA1987 #6 「ロボットカーニバル」1987年/バンダイビジュアル/懐アニ/感想

CGなんてものがまるで使われていない時代、兎にも角にもアニメーターはペンを片手にひたすら絵を描いていた。

来る日も来る日も描くのである。辛いことだって多いだろう。

それでも彼らは描き続けた。

何故か?....



きっとその答えがこの作品にはあるんじゃないかと僕は思った。



スクリーンショット 2017-07-21 6.30.38.png
バンダイチャンネル作品紹介ページ ロボット・カーニバル




まずメンツを見て欲しい。大友克洋森本晃司大森英敏梅津泰臣北爪宏幸大橋学北久保弘之なかむらたかし、という監督陣の名前を見て、誰1人知らないと口にするアニメファンがいるとは思えない。更に言うとスタッフには貞本義行や前田真宏、久石譲、ちょうどお騒がわせ中の浪川大輔も子役で出ていたりもする。完全にオリジナルのロボットにまつわる短編だけで構成したOVAを世に出すだなんて、今ではまるで考えられないことだから、それを決断した当時のバンダイビジュアルも大したものである。

どの作品も70〜80年代のSF色が色濃く出ていて、中には明るい物、優しい物もあるけれど、少々苦味のある作品が多いのも個人的にはご馳走で、天災のように町を蹂躙していく馬鹿でかいプラントのようなロボットのお祭り騒ぎを描いたかと思えば、フランケンシュタインを題材にした作品で技術を追い求める喜びと危うさを演り、同じように生命を生み出しながらも己の弱さに負けた哀れな男の最後をしっとりと見せたりと、1人の監督だけでは絶対叶わない彩りが面白いパッケージになっている。



ビスやケーブル一つ一つの描写に拘る人、一枚絵の存在感をアニメとして活かす人、それぞれがいかに自分の持ち味を活かすかを考え抜き、やりたいことをやれるだけやったというのがちゃんと伝わるアニメになっているのが見ていて一番嬉しくなる。スポンサーだの原作者だのの顔色を伺っていたんじゃ、絶対この光景は生まれないだろう。アーティスティックな自然表現が素晴らしい大橋学さんの「CLOUD」だって人目に触れることがなかったはず。ロボットカーニバルは限りなく偶然性が強い必然が生んだ奇跡そのものだ。





ロボットカーニバルが通り過ぎたあとには何も残らない....みたいな表現で大友克洋さんは自分達の作品を自負してみせたが、"こなす"だけの人間には到底創れない本作を見て、何も感じないアニメーターがいるはずなく、彼らが踏み鳴らした大地には、しっかりと新しい芽が芽吹いている。


あの時代は良かった.....なんて言ってアニメを見限るにはまだ早い。いくら作業環境が悪かろうと、アニメを作りたい人がいて、それを観たい人がいる限りアニメの火が消えることはきっと無いだろう。





今この瞬間にもペンを走らせる人達がいる。


あの日見た風景を求めて。


そう考えると、胸が熱くならないだろうか?








ロボットカーニバル発売30周年記念イベントゲスト出演決定!