にっこりゼロ円とはいかないのが世の常.....

日本には「只より高いものはない」という、ことわざがあるが、既に死語と言って差し支えないくらい若い子には通じない。

でも、今の時代にこれほどフィットする言葉あるだろうか?....


僕は御多分に洩れず、子供の頃からゲームを遊び続けている。今の子供のように性能の良いハードに初めから触れて来たわけではなく、限定された機能しか無い単純なLSIゲームから始まり、ファミコンと出会ってからはハードの成長と共に歩んで来た。

心底楽しいソフトもあれば、10分と気持ちが保たない物もあった。凄く楽しいのにクリアするには自分の腕が足りないなんてこともざらだった。それでも20年以上手放せていないところをみると、良い思い出の方が勝っているのかもしれない。




そんな自分が、どうしても受け入れたくなかった物があった。基本無料を謳うゲーム達である。

受けの良い可愛い・格好良いキャラの止め絵で客の気を逸らし、それらを収集させたくなるような大して面白くも無いゲーム性を押し付け、思わず課金したくなるようお客を誘導するのが基本”基本無料ゲーム”のやり口だから、一時期は心底嫌悪していたこともある。

ところが、今の自分ときたらどうだ?艦これにFGOに余裕があれば陰陽師まで遊んでいる始末。まだどれも万を超えるような課金には至っていないものの、無料で遊ぶため時間をどれだけ費やしているかしれない。今考えるとWarframeを始めたのが大きなきっかけだったように思う。世界観やグラフィックの綺麗さにうっかり夢中になり、PS4版リリースから今日までずっと遊び続けている。ついこの間もいつからか始まったログイン日数に応じた報酬で500日ログインを達成し特別な武器をゲットしてヤメられそうにない.....

BE842A29-D2A2-4B2A-BB44-67A740D2AA21.jpg




心底嫌っていた頃の無料ゲームと、今の無料ゲームは確かに少し違って来てはいる。ただの止め絵ではなく綺麗なアニメーションの戦闘が楽しめる物やゲーム性そのものが楽しめる物も多い。ストーリーがしっかりしている作品も当たり前になりつつあるし、けしてゲームとして遊ぶ価値なしとは言えない。逆に小刻みなDLCで課金を迫るフルプライスゲームの方がよほどどうかしていると言えるだろう。なんのために高い初期投資をしているのか分かりやしない。

兎にも角にも、無料有料に関係なく仕事をしているかのごとく単調な作業を繰り返させるゲームは勘弁して欲しいし、月の生活費にまで手を出す人がいるような無料ゲームの有り様もどうかと思うのは変わらない。

作業を作業と感じさせない絶妙な詐欺ゲームの登場が待たれる時代である......






追伸、お願いだからFGOは暫く大きなイベントをやらないで欲しい.....本編が進まない.........