PS4 ProはPSVRに果たして必要なのか?

PS4
とうとう念願のPSVRを手いれたは良いものの、手放しで喜べるほど無邪気ではない僕は、PSVRをもっと良い環境で楽しみたくなり、これまで特に必要と感じていなかったPS4 Proまで買ってしまった。

IMG_4411.JPG
IMG_4412.JPG
IMG_44192.jpg
横置き時の滑り止めや、HDDのケースを固定するビスがPSを象徴する形なのがちょっぴりオシャレ




二段重ねっぽいデザインから三段重ねになったことで、邪魔臭さが増したような気もするし、目につく部分でそれほどデザイン的に目を惹く部分は無いけれど、同一のネットワーク上にこれまで使っていたPS4を繋いでいると、簡単に全てのデータを移行出来てしまうのは実に便利だった。

IMG_4426.jpg
環境によって違うけれど、僕はSSD同士の400GB未満で1〜2時間の転送速度



今回もHDDからSSDへの換装が簡単に行えたし、なんだかんだ柔軟なハードにPSはなって来たように思う。で、実際Proの性能はどうかというと.......正直よく分からない。

うちのテレビが普通のフルHDでしかないし、当然と言えば当然な話ではある。見た感じは若干発色が鮮やかになり、ハッキリしたような気もするものの、ロードが格段に速くなったとか、フレームレートの安定度が格段に上がったと”体感”出来るほどの性能の上乗せがあるようには思えなかった(過去のPS4タイトルのフレームレートを安定させるブーストモードはまだ試していない)

本命であるPSVRにしても同様で、少し良くなったような気もするものの、素人目には判別出来ない程度の物に感じた。最近どうも体調が怪しくて、長時間VRを使用出来ないからまだよく分かっていないのもあるので、もう少しここら辺りの良し悪しは保留しておきたい。





それはそれとして、VR酔いする人って多いのだろうか?日曜に1時間使っただけで急に具合が悪くなり僕はダウンしていた。奥行きは感じても本当は近くで表示されている映像に感覚を狂わされたのかもしれない。

ネットでも酔ったという人の意見が多く、いずれ出るであろう後継機に反映して貰いたい。



嫌な怖さと噂のバイオハザードをVRでやった日には、色んな意味で大変そうだ......