♪BLAME!とSFは続くよ何処までも〜「BLAME! THE ANTHOLOGY」早川書房/感想

映画館での公開と同時にNetflixにて配信を開始するなど、何かと驚かせてくれたBLAME!ですが、上映館数が少ない割にTwitterでのつぶやき数ランキングは「美女と野獣」についで2位を獲得し、上映している映画館でも連続して1位になっているというから驚いた。


Twitterつぶやき数ランキング http://eiga.com/l/Q247T 



劇場版を観た者の1人としては、それくらいの反応があって当然の作品だろうという想いも確かにあるのだけれど、なんだかんだBLAME!は”知る人ぞ知る”作品という立ち位置だったわけで、シドニアの騎士がある程度ヒットした後だとしても、何処までお客が付いて来るのか半信半疑だった。まあなんにせよ喜ばしい話である。気が向いたら劇場版からシドニアとはまるで違う硬派さの原作漫画に入り、更にはSF界を牽引している5人の作家によるアンソロジーにまで是非到達して欲しいものだ。

それこそBLAME!の超構造物と化した階層都市を探索し続けるくらいの困難さがあるやもしれないけれど、それに見合った風景が味わえることだけは保証する。






BLAME!の世界観に触発された九岡望・小川一水・野崎まど・酉島伝法・飛浩隆の5人によるアンソロジーは、兎に角もう有り体に言って素晴らしかった。5人それぞれの個性的な解釈や肉付けでもって展開されるサイドストーリーを味わっていると、あまりの見事な解体っぷりに度肝を抜かれた。自作のプレッシャーから解放され、1人のファンとして生き生きと同人作業をしたような輝きがあったのだ。こんなに具体的なBLAME!を楽しめるのは本作ならではだろう。

本来ならば相入れない人間と珪素生物の共感を描く”九岡 望「はぐれ者のブルー」と”小川一水”さんの「破綻円盤 ―Disc Crash―」から始まり、少々BLAMEの味わいから離れているような気がしつつも最後にはそう来たかという独自の切り込み方に今の氏の勢いを感じた”野崎まど”の「乱暴な安全装置 -涙の接続者支援箱-」、そしてSFの泥沼に引き摺り込もうとする”酉島伝法”さんの「堕天の塔」と”飛 浩隆”さんの「射線」へと流れて行く構成には、徐々に慣らしてSFにハマらせようという早川書房の読者調教術の巧さを感じてしまった。

僕は特に「はぐれ者のブルー」のコンビが最高だと感じ、小川一水さんらしい性表現の切なさに魅了され、野崎まど氏のドSっぷりに口をあんぐり。最後には世界そのものになる『エアコン』の孤独を壮大な進化論で描く飛浩隆さんに脱帽する以外、為す術がなかった....





SFは実際の科学的検知に基づいて書かれることもあれば、作者の頭の中だけで作られたルールで表現される場合も多く、振り回されることを享受もしくは嬉々として求めるくらいの読み手でなければ楽しめない面もある。今回のアンソロジーにしても、 少々SFを齧ったことがある程度の人(僕みたいな人)では敷居が高いなと感じさせる作品もある。


 「分かる人だけ楽しめば良い」というのも分かる話だけれど、その結果入門すら不可能になるようなジャンルになってしまっては意味がない。これから先もライトな作品からディープな物まで幅広くSFが展開して行くと良いなと思う。




次は冲方丁さんのノベライズを読むとしよふ。







関連過去記事

俺は、ネット端末遺伝子を見つけた気がする「BLAME!」弐瓶勉(原作)/瀬下寛之(監督)/ポリゴン・ピクチュアズ(制作)/感想: 無差別八方美人?