2017年05月15日

目に見えない物を見えるように描く難しさってあるよね....「HELIX -黒い遺伝子-」海外ドラマ/感想

実在するしないはともかく、フィクションの世界は怖い物で溢れている。幽霊、巨大生物、ゾンビ、超常現象、生身の人間、更には女性という一括りも男からしたら怖い物だろう。

そんな中でも、僕が一番嫌だなぁと感じてしまうのはウイルス性の感染症をネタにした話。幽霊やバケモノなら、まず存在しないだろうし、もし目の前に現れても倒せるかもしれないと思えるものの、目に見えない物を避けるのは流石に難しく、インフルエンザ一つであんなに具合が悪くなるのに、そんな物とは比べ物にならないウイルスに侵されたらと考えたら身体の力が抜けてしまう...



とある研究所で起きたアウトブレイクの収拾の為、CDCのアラン・ファラガットとその仲間は北極くんだりまで出張るのだが、肝心の研究所がどうにも非協力的で何か重要なことを隠しており、感染者でアランの弟であるピーターが異様な行動で人を襲い始めた理由をアラン達は調べ始める。このウイルスは人の猜疑心を増長させたり、幻を見せ、果てには身体能力のリミッターを外させ病原菌を拡める為人を襲い経口で黒い粘液を交そうとさせる。こんなに悍ましいキスシーンにはなかなかお目にかかれないだろう....

感染者が人を凄い勢いで襲うようになってから、パンデミック物というよりゾンビ物の様相を呈して行き、せっかくの目に見えない物への恐怖が薄らいでしまったのは残念だけど、ウイルスに対するアプローチの仕方はちゃんと説得力のある描写で面白く、それを妨害する連中の悪辣さがまたドラマを盛り立てているのはそこそこ良い。思っていたのとは違うけれど、これはこれで楽しめそうな気がした。






嫌ぁ〜なオープニングをかました後の爽やかなタイトルコールが妙に不気味に感じるのも面白いドラマではあるけど、1シーズンの半分ほどで、後付けの多さが目立ち始め、少々嫌な予感がよぎりググってみるとシーズン2で打ち切りになっていて、久々に海外ドラマの洗礼を受けたような気になった。シーズン2の終わりがある程度満足出来る物になっていれば良いのだけど.....モヤモヤが酷い結末なら見るのやめようかな?.....

なんにせよ感染力の強い番組作りと言うのは難しいものなんでしょうねぇ....


posted by lain at 07:02 | 北海道 ☔ | TVドラマ 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする