2017年05月10日

ノンケに友情を求められた時、ゲイはどう応えるのだろう?....なんて思った「青春♂ソバット1〜4完」黒娜さかき/小学館/感想

この時期のGWとはゴールデンウィークのことだけど、人によっては「ゲームウィーク」「ゲーム&ウォッチ」「ガンダムW」「ここはグリーンウッド」「ゲートウェイ」「ギガワット」まで連想する人も居るに違いない。


僕なんて連休中にこの漫画を読んでいたら「ゲイのウィークポイント」の略でも良いなと思ってしまった(真顔)


青春・ソバット 1 (IKKI COMICS) -
青春・ソバット 1 (IKKI COMICS) -




何せこの漫画、開始早々キスシーンで始まるから面白過ぎた。ゲイの高校生が自分のことを好きであろう女生徒の前で、お節介な同級生の男子(自分と女生徒の仲を取り持とうとする阿呆)に嫌がらせのキスをするというシーンなのだけど、あまりにもガッツリ始まるBL展開に笑うしか無かったw


IMG_4162.jpg

パンを咥えて交差点を曲がったら運命の相手と打つかるくらいの確率であり得ないぶちゅ〜がサイコー

IMG_4159.JPG






しかもそんな目に逢いつつも、半ば意地になってゲイの同級生と友達になろうと頑張る、馬鹿に人懐っこい男子高校生の流され方が地味にリアルというか、こういう奴いるよなぁ〜と普通に思ってしまった。最初は女の子にしか興味が無かったその男の子が、魔性の同級生(♂)相手にどんどんその気になっていく過程は実に生々しいと感じたが、自分がそういう生き方をしているわけでは無いため、実際にリアルなのかどうかは分からない。ゲイの高校生にしても、かなり捻れた生き方をしていて、何処ぞのおじさんと肉体だけの関係をずるずると続けていたり、本当の父親とも知らずに気を惹こうとあの手この手で誘惑したりしだすから、流石に高校生でそれは無いだろうと思ったりもした。でも普通に中高生くらいで性的な経験をする男女もいるのだから、こんなゲイの高校生が居ても可笑しくは無いのかも?.....


IMG_4144.JPG

ゲイとノンケが深く知り合うのは相当難しいんだろうなぁ.....





結局2人は紆余曲折を経てゲイとノンケの友情を育み続けた結果、性別で測れない愛情に行き着くことになるわけだけど、本当にこれをIKKIで連載していたのか?と思うくらいBLだったので、正直苦手な人には勧められない本だ。ただオノ・ナツメさんの絵のティストが好きな人、汚れたネタで笑える人、自分の捻くれ具合に自信がある人なら、ノンケでもなんでも楽しめるかもしれない。男同士でもここまで求め合えるなら羨ましいと思う人も多いことだろう。



”藪をつついて蛇を出す”そんな言葉が相応しいBLだった。


作者の青さも含め、悪く無い青だ。







黒娜さかき (@rutirutii) | Twitter

posted by lain at 20:57 | 北海道 ☔ | 漫画 BL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする