2017年05月05日

任天堂不幸者の”こどもの日”はゼルダで良いんじゃないか?「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」Nintendo Switch/感想

今日は5月5日。出掛ければ鯉のぼりの一つや二つきっと目にするに違いない。雛人形を飾るより遥かに大変だから年々減っているような気もするけれど。

幾つになっても女の子だから雛人形を毎年飾りたいという女性が少なからずいるが、男だってクソガキ具合は幾つになっても変わらないもので、大人に見える人でも単純に草臥れただけか、大人を装っているだけだったりする。大人と子供を分ける定義は経験則で物事を判断しているかどうかなのかもしれない。



そんな永遠のクソガキの1人である僕は、あれだけ特に興味が無いと言っていたNintendo switchを手に入れた。ついこの間、買ってろくに使わないまま仕舞い込んでいたWii Uを知り合いに譲渡し、いよいよ任天堂から卒業しようと思っていた矢先のことだった。

IMG_4101.jpg
思っていた以上にタブレット

IMG_4105.JPG
ジョイコンを付けてみると流石に携帯機としてはごつい。ただこれくらい画面が大きく無いと最近のゲームは魅力が半減するだろう

IMG_4108.JPG
通常のコントローラのように出来るアダプタも同梱されているものの、窮屈に感じて手への収まりは悪い。子供の手なら丁度良いのだろうか?

IMG_4080.JPG
結局Proコン頼みになってしまったのだが、キー配置を身体が覚えるまで誤操作は続きそうなデザインである.....




兎に角ここ20年近く任天堂のゲームをまともに遊んでおらず、ハードは買っても少し遊んではホコリまみれにしてお終いというのを繰り返しており、買うだけ失礼だなと本気で思っていたのだけれど、あまりにもゼルダ関連の画像や動画が面白く、マリオじゃないのだしオープンワールドだから大人の僕でも(自称)きっと楽しめるはずと卒業をあっさり撤回。

結果は買って大正解。ハード的には懸念した通り悪い面と良い面が相殺し合って、僅かに良い面(利便性)が上回っているような印象しか無いけれど、ゼルダは本当に面白い。

IMG_4137.JPG
コールドスリープから目覚めたかのような演出がとてもSFで雰囲気が最高

C-9qXOCVYAIFeXr.jpg
開始直後から色んな場所へ行ける自由度がプレイ時間をどんどん使わせる....

C-_MJdfUAAErkoP.jpg
綺麗に広がる風景を、鳥や虫の鳴き声、水のせせらぎ、服の擦れ合う音まで全てが盛り立てているのがよく伝わる





思い返せばファミコン時代のゼルダしか知らず、しかも友達の家で見ていただけでプレイ経験はほぼ皆無で、同世代の連中はドラクエやFF並みに遊んでいたゼルダを自分は何故やって来なかったのか未だによく分からない。単純に機会に恵まれなかっただけなんだろうか?

僕の中のゼルダは徳間書店の伝説(?)の子供向け雑誌”わんぱっくコミック”で乱丸という漫画家が連載していた漫画版が初めてだった。攻略っぽい内容を含みつつ、漫画として楽しめる内容になっているわんぱっくコミック作品の中で、乱丸氏のゼルダ漫画だけはガチのストーリー漫画展開だったから夢中になった覚えがある。今では姫川明さんの方が漫画版で有名ではあるけれど、乱丸氏はゼルダ漫画のあと、一体どうしたのだろうか?....

IMG_4138.JPG
IMG_4139.JPG



話はそれたが、それくらいゲームのゼルダに触れていないなか、こんなに新しいゼルダを飛び級で遊ぶという贅沢に恵まれ嬉しい限り。リアルな描写というよりトゥーンレンダリングな描写で効果音やBGM込みで優しい世界観を表現しているのが実に良くて、モンスターにも何処か愛嬌があるから、最初の遭遇戦から倒してしまうことに罪悪感が生まれてしまうほど温かみがある。

プレイ感覚はアサシンクリードのような要素もあって、崖をよじ登ったり飛び降りたり、ゴブリンの拠点を潰したり、各所にある祠でパズル要素を解くなど、オープンワールドにありがちな繰り返しにはなっているものの、レベルデザインの巧妙さやパズル要素の程よい難易度が心地よく、つい先に先にと遊びたくなる。

協力な回復アイテムを作る為の料理が面倒だとか、武器が損耗して壊れてしまうのが嫌だという意見も見かけたものの、ファイヤーエムブレムも武器が壊れるからこその遊び心地というものがあったし、料理も収集する楽しさだけでなく食べる喜び(リンクがメニュー内でリアクションする)も若干あるからこれはこれで味わい深いと僕は思う。そんなことより操作性やUIの面の方がなかなか慣れず苦労している。頭の運動には良いかもしれないけれど、何故にこんなキテレツな仕様になったのか?ひとつ開発者の話を聞いてみたいものだ。ともあれ大人(自称)でも遊べるゼルダで良かった。





それはそうと、Wii Uを出すタイミングでNintendo switchが出せていれば、だいぶ状況が変わっていたんだろうなとつくづく思った。据え置き機と携帯機の間をスムーズに行き来するコンセプトはどちらも変わらないのだし。ハードの性能よりゲームを楽しむ環境やアイデアを活かそうとする任天堂の姿勢はTVゲーム作りに絶対不可欠な物だと思うので、これからもハード込みでゲームに携わって行って欲しいものだ🎮
posted by lain at 11:26 | 北海道 ☔ | ゲーム 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする