2017年04月14日

続・冬アニメを振り返るふりをして......

前々から”キャラ見”だけで作品を評価する人達の気持ちは分からないけれど、当然キャラはアニメを楽しむ重要な要素であり、時に愛情がいき過ぎてしまうのもよく分かる。




たとえば僕が好きだった冬アニメのヒロイン達の話をしたならば、中年殺しな作品だった「亜人ちゃんは語りたい」の早紀絵先生が個人的にツボで、地味な格好をいくらしても、隠しようの無い盛りのついた暴走が可愛くてエロくて仕方なかった。実際の性交渉を描くより、あぁいう匂わせ方が中年にはぐっと来る。

609C5023-4FC8-44A0-9798-0DA9773115E3.jpg
A71EFB2D-9117-4EF6-9115-B6611398779D.jpg
FEE491CD-BB35-4A37-8AB0-417F2D29432B.jpg



伏し目がちな男性陣が魅力的なBL色の強い「ACCA13区監察課」で若干影の薄い女性陣。その中で一人だけ重力を感じさせない笑顔を見せていたのがロッタ嬢だった。とにかくあの笑顔を見ていたら、何があっても家に帰り着くジーン・オータスの気持ちがよく分かる。生きていて良いのだと思わせてくれる女性は、他に何の取り柄もなかろうと素晴らしい….


スクリーンショット 2017-04-13 21.18.07.jpg




息子に見下されるおっさんの真の姿にジーンと来た「青の祓魔師 京都不浄王編」も、これまた女性陣の影は薄かったわけだが、やはり”しえみ”は可愛い。しえみもロッタ嬢と同じく存在そのもので男を幸せにする良い子。頑張り屋な彼女を見ていたら俺も頑張らなきゃと、奥村兄弟でなくとも考えてしまう。2期が作られたのは本当に嬉しかった。3期も彼ら彼女らを見れたら幸せである…..


スクリーンショット 2017-04-13 21.54.32 1.jpg




冬アニメのヒロインの中で、一番危険だったのはターニャ・フォン・デグレチャフだったろう。そもそも転生する前はいけ好かない男という設定であるため、なんとも言えない味わいのキャラだった。どちらかというとターニャを補佐してしていたセレブリャコーフの肉厚な唇と独特な雰囲気が僕は好きだな。CV早見沙織さんだし….ボソ


スクリーンショット 2017-04-13 22.49.53.jpg

スクリーンショット 2017-04-13 23.22.20 1.jpg





中の人の存在を忘れるほどキャラが生き生きとしていた”このすば2”。お馬鹿でどう見てもノーパンな破廉恥駄女神アクア。中二病のロリっ子のくせに案外常識人で一番カズマと夫婦っぽい”めぐみん”。貴族令嬢にあるまじきドMっぷりがバカパクなダクネス。どいつもこいつ大好きで、また一緒にぐずぐずな冒険がしたい。

スクリーンショット 2017-04-14 6.18.09.jpg





押し掛けドラゴンとか誰得かと思いながら見始めたものの、メイドだけじゃなく爆乳さんとショタだの、でこピカアヘ顔小学生まで出て来て非常に楽しかった。特に奔放なカンナちゃんの間合いが象徴的だったと思う。ベタだが個人的にはけものフレンズより癒されたなぁ小林さんちのメイドラゴン🐉


スクリーンショット 2017-04-14 6.43.15.jpg





恋する少女は可愛い。たとえそれが腹黒であっても変わらないのだと証明していたのが「クズの本懐」の主人公"花火"だった。幼い頃からの想いが積もり積もって、もてあました体の熱と融合し自己嫌悪へと陥っていくのを見ていたら自分の思春期を思い出していてもたってもいられなくなる。青春は綺麗なだけじゃない。汚い物も含めて愛おしい。


スクリーンショット 2017-04-14 6.51.29 1.jpg




ついでに白状すると、女の子じゃないがめんこくてたまらなかったのは「昭和元禄落語心中」の信乃助だ。最終話ではシスコン落語家に成長した立派な姿を見せていたが、やはり子供の頃が一等可愛らしい。あざとく異性であることを武器にする下手な女の子より僕は断然信乃助が良い。ていうか信乃助下さい小夏さんっ(ガタ)


スクリーンショット 2017-04-14 6.56.11 1.jpg






キャラ絵が可愛いから良いアニメではなく、取り巻くあらゆる要素が魅力的だからキャラが魅力的に見えるアニメを良いアニメと言って欲しいし、自分もそうしたい。

別に作品のテーマよりキャラを先に好きになったって構わないだろうに、こんなことをいちいち心に誓わないと進めないなんて、我ながら面倒臭い人間である。



そろそろ春アニメを浴びるように見始めよう。今度はどの作品の誰を愛おしく感じるのだろう?....

posted by lain at 07:16 | 北海道 ☔ | アニメ TVシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする