2017年04月09日

”実写化”の地雷に国境は無かった....「ゴースト・イン・ザ・シェル』(Ghost in the Shell)」ルパート・サンダース(監督)/スカーレット・ヨハンソン(主演)/字幕/感想

去年の映画の興行収入ランキングTOP10にはアニメ映画が7本も入っていた。しかもここ数年はアニメ作品が1位か2位に入っており、その勢いはどんどん増している。

作品その物の質が高まっていること、アニメを呼吸するように見て育った世代が増えたことなども要因だが、ヤマトやガンダムそしてドラえもん等の子供向けアニメやジブリが作って来た下地があってこそ、これだけ大きなヒットへと繋がったに違いない。




AKIRAと並び称されるほど世界に受け入れられた「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」もそんな下地の一つだった。劇場公開された頃、ジャパニメーションという言葉をメディアがしきりに使って絶賛していたのをよく覚えている。ハリウッドの有名な映画監督までベタ褒めしていたから、日本人としては非常に鼻が高かった。

無論、メディアや専門家の話など関係なく、攻殻機動隊は面白かった。否、面白いとは言えないくらい陰気な話ではあるのだけれど、あまりの細やかな設定の説得力と押井守の哲学にやられ、グーの音も出ないほど痺れたものである。その影響でうっかり原作を読んでみたら、まるで違う風情で驚いたのも今では良い思い出だ....


そんな攻殻機動隊がハリウッドで実写化されると聞いた時は、それはそれは嬉しかった。お金も技術も上である海の向こうでなら、凄い攻殻機動隊が見れるに違いなかったから。勿論これまでのハリウッドによる実写化の実績(スーパーマリオ、ストリートファイター、ドラゴンボール、北斗の拳等々...)を考えると、不安が無いでもなかった。向こうの思い描くクールな日本のイメージは大抵僕らの感覚と相反しているから。

実際、今回の実写化された攻殻機動隊も、かなりアメリカ人の脳内で補正された空間になっていた。






元々アジア某所的な世界観ではあるし、まるでブレードランナーだなと思ってしまうような街並みでも違和感はそれほど感じないものの、実写になると世界がハッキリし過ぎて素通り出来ない面がちらほらあった。ネタバレになるから”何が”そうだったとは言い難いけれど、攻殻機動隊であって攻殻機動隊では無いことを前提に劇場へ足を運んだ方が良いかもしれない。例えるなら、初代の展開をなぞりつつもオリジナルの解釈を進行して若者にウケたガンダムSEEDのような作品なので、人によっては良い部分と悪い部分が相殺しあって何も残らない可能性すらある。

僕個人の感想としてはアクションが良い映画だったなと思った(まあ、ハリウッドならこれくらい当たり前と言ってしまえばそれまでだが) 配役としてはスカヨハの素子やバトーさんも悪くなかったし、桃井かおりの演技が実に良かったのだが、北野武がそれを全部ぶっ壊していたのが残念でならない。荒巻の髪型を無理やり北野武にやらせている感覚も微妙だった。あれは完全に寝癖にしか見えない....

押井守氏の攻殻機動隊を彷彿とさせるシーンや、S.A.C 2nd GIGの要素を絡め、徐々に僕達の知っている攻殻機動隊だと思わせてくれたのも悪い気はしなかったが、少佐の最後の選択がこれまでの攻殻機動隊とは真逆の物であったのがトドメを刺してくれた。これは僕の望む攻殻機動隊では無かったのだと....





ツッコミどころは満載だった攻殻機動隊。一番気になったのは光学迷彩を使用した時の全裸っぽいシーンを多用したことだったかもしれない。もう少し見せ方があったんじゃなかろうか?押井版攻殻機動隊を知る海の向こうの人達の中で、今回の実写化がどう受け入れられているのか?攻殻機動隊を知らない人なら映画としてどう感じたのか?そんな取り留めもない物が頭から離れないほど悩ましい映画だった....

吹き替えで観てさえいれば、イメージがかなり違ったかもしれない













posted by lain at 10:28 | 北海道 ☔ | 映画 SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする