2017年04月03日

普段は"たけのこ"派だけど、昨日ばかりは"きのこ"派だった『きのこ帝国ワンマンツアー2017「花の名前を知るとき」4/2 札幌 cube garden』感想

毎年言っているけれど、年が明けたなぁと思っているうちに、あっという間の桜が咲く季節である。

我が北海道にはまだ縁遠い話ではあるけれど、確かに春の陽気が最近増して来て、風さえ吹かなければとても暖かく感じる。



そんなだから、昨日の札幌遠征も、どうせ直ぐ会場入りするだろうと薄着で向かったものの、あいにくの曇り空とcube gardenの駐車場に流れるビル風に吹かれ案外寒く、なんだかんだでやっぱりここも北海道だなと思った。

IMG_3913.jpg




日程的にも会場的にも去年とほぼ同じだった今回のライブ、違ったのはボーカルの佐藤 千亜妃の髪が若干長くなったのと、谷口くんの前髪が鬱陶しさを増していたこと。そして当然ステージパフォーマンスも高まっていた。

パフォーマンスと言っても、MCとか客いじりのことでは無い(そこら辺は相変わらず下手)勿論ボーカルや演奏のことだ。女の子らしく表情を変える声の中に1本筋が通っているような佐藤千亜妃の深みのある存在感は流石だし、ノイズまでが音楽です!と言わんばかりのギター演奏もキレキレ。きのこ帝国にしか作れない空間があそこにはあった。これからもストイックに音楽と愛に向き合うバンドでいて欲しい。

一つだけ勿体無いと思ったのは、ラストの曲が「疾走」じゃなかったこと。


いつかまた会いましょう

どこかでまだ息をしてる



と結ぶ疾走の歌詞こそが昨日のステージには相応しかったから......








セットリスト


1.桜が咲く前に

2.怪獣の腕のなか

3.クロノスタシス

4.海と花束

5.猫とアレルギー

6.LAST DANCE

7.夏の影

8.MOON WALK

9.スカルプチャー

10.畦道で

11.雨上がり

12.風化する教室

13.愛のゆくえ

14.夜が明けたら

15.東京

16.死がふたりをわかつまで

17.クライベイビー


アンコール

18.疾走
19.
ありふれた言葉







関連過去記事
タグ:きのこ帝国
posted by lain at 07:02 | 北海道 ☔ | 音楽 LIVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする