漫画に憑かれた巧達「漫勉 シーズン4」感想

「YAWARA」「MONSTER」「20世紀少年」など、ヒット作を次々生み出して来た”浦沢直樹”さんが手掛ける『漫勉』は、毎回1人の漫画家さんの仕事っぷりを定点カメラで収め、その映像を漫画家本人と一緒に見ながら語らうテレビ番組で、設定やネームの切り方、下書き~ペン入れまでじっくり扱っているから漫画を描く人には良いヒントになるし、読むのが専門だという人でも、この番組を見ればどれだけ漫画家が技術と気持ちを込めて描いているのかが伝わり、これまで以上に1ページ1ページを大事に読もうとなる良い番組だ。






この番組が始まったのが2014年。その頃僕は入院していて、病室のテレビに釘付けになっていたのを覚えている。あれから3年近く経ち、気づけばシーズン4も終わってしまった。今シーズンも実に濃厚で、作品を読んだ事のない方の回を見れば読んでみたくなり、お馴染みの方の回を見れば読み直したくなり、結局馬鹿みたいに漫画が読みたくなった。


特にラストを飾った"ながやす巧"さんの仕事は凄まじかった。呆れるくらい設定に年月をかけ、細かな装飾全てに手を加え、いざ描くとなったら、単行本一冊分をキャラクター1人ずつ一気にペン入れして感情が散らからないよう配慮する拘りようには頭が下がる。この歳で漫画を描ける喜びでいっぱいだと語る職人気質の不器用さが酷く愛おしく思えた。漫勉の影響で今更読み始めた「壬生義士伝」も凄く面白い。時代劇を全然描いたことが無いだなんて信じられないディティールであるし、ながやすさんの絵のテイストにチャンバラは実に合っているように感じる。


IMG_0286.PNG

壬生義士伝 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) -
壬生義士伝 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) -








下手に金をかけたCMを流したり、書店でおかしなポップを付けるより、漫勉のような本物を切り取って訴えかけた方が漫画の将来は明るいのかもしれない。


描き手と読み手の両方の漫画愛を高めてくれる良い番組だ『漫勉』。








「浦沢直樹の漫勉」公式サイト