2017年03月15日

変態出来ない変態が羨む青い変態「ぼくらのへんたい 10完」ふみふみこ/COMICリュウ/徳間書店/感想

父親は居るものの、日頃留守がちで母や姉二人と過ごすことが多かった僕は幼い頃普通に気弱で、よく「逆(姉と性別が)だったら良かったのに」と周囲から言われたものだった。

徐々に体が大きくなり、男友達と遊ぶようになれば流石にやんちゃな男の子になっていったものの、少し年の離れた長女の膨らんで来た胸を見ながら、いつか僕も大きくなって来るんじゃないかと本気で思うくらい、性別への違和感に苦しんだ時期もあって、こんな物さえ無ければ良いのにと股間を叩いたり切ってはどうか?と考えたこともあった。

人間と暮らすうちに自分を人間だと勘違いしてしまう犬と同じような感覚だったのかもしれない。性的な物への目覚めに対する戸惑いも相俟って、男であることに激しい自己嫌悪を抱いてしまっただけなのだと今なら思える。間違ってもハサミで切らなくて良かった........


「ぼくらのへんたい」は三人三様の切実さで女装せざる得ない少年達の泥沼青春話だったわけだけど、7巻以降の笑顔な表紙そのままに笑い合える関係に最終的には落ち着いて本当に良かった。作者が最終巻のあとがきで、どうしても好きになれない3人の主人公に「こいつら全員不幸になれ・・・!」と呪いながら描いていたという言葉通り、前向きになれそうでなれない彼らを見守るのは辛いことが多かったから、それぞれに救いがある
収束には感慨深いものすら感じてしまった。男でも女でもいい、僕らはみんな"へんたい"で良いんだと笑う彼ら全員を祝福したくて仕方ない......







まだ、女性に対する憧れはある。

それは性交渉の相手としてもそうだし、自分が女になって可愛らしい服を着たり、旅行をしたり、女性ならではの視点でこの世界を楽しんでみたいという気持ちも大きい。

男(僕)は世界をつまらない物にしか出来ない。短絡的な性や暴力を心の何処かで求め、諦めと道義の利口さを盾に一歩を踏み出さない。少々思慮が足りないくらいの方が、絶対人生を楽しめるに違いないのに。

あ、けして女性が考え足らずだと言ってるわけでは無いけどね(言ってるなこれ)










関連過去記事
posted by lain at 07:18 | 北海道 ☔ | 漫画 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする