2017年03月12日

箱舟には乗れそうに無い僕が想う3.11「ノア 約束の舟」ダーレン・アロノフスキー(監督)/ラッセル・クロウ(主演)/感想

無理に思い出す必要は無いのだけれど、3月11日になれば自然と思い出さずにいられない東日本大震災。

僕などは直接的な被害という被害に逢っていないため、あの震災についてあれこれ口にすることすら少し躊躇われるが、誰もが途方にくれるような光景がテレビで流れて来たのを目にした時の衝撃は忘れ難い。あんな一瞬の出来事で、1万人以上の命が損なわれただなんて、今考えても恐ろしい.....


他に数字が取れる絵があれば、それを優先するテレビ局。新しいニュースばかりを追うネット大手。それらに頼り切っている僕らは、正直被災地が今どうなっているかほとんど知る由もない。人口が更に減ったとか、いまだに遺体を探す民間団体がいるとか、廃炉作業が難航しているうちに環境被害が拡大しているとか、そういった情報は入って来るものの、”そこ”で生きる人達そのものの姿がイマイチ伝わってこないのはもどかしい。

何年かかってでも、あの地に本当の笑顔が戻ったなら、もう少しマシな日本になれるのかもしれない....



震災後、様々な場所で地震や洪水を扱った作品の取り扱いを避けていた。被災者や震災でショックを受けた人々への配慮だったわけだが、もしもこの映画が2011年に公開予定であったなら、絶対公開取りやめの憂き目にあっていたことでしょう。

なにせ、世界を血と欲で汚す人間を海に沈め、もう一度動物達だけの楽園からやり直そうとする話なのだから....





ノアの箱舟というと、神がノアというおっさんに命じて舟を作らせ、自分好みの生き物達だけを救済しようとしたという大昔を舞台にした物語なわけだけど、こうして映画として咀嚼してみると、実に遠い未来のディストピア物に感じた。土は痩せ、木は枯れ、どんよりした空の下、何も残っていない風景の連続には、マッドマックスも顔負けの重苦しいものがあった。

人間を哀れんで自らも堕とされてしまった岩の姿をしている天使達のCG表現のB級映画っぷりや、神の啓示を受けるような男が死体を足蹴にしたり見事な殺人技を披露することへの違和感で少々気持ちが萎えたりもしたけれど、慣れて来ると岩の化け物でしかない堕天使達が愛おしく思えて来たし、聖人とはかけ離れたノア像にリアリティを感じて、そこそこ心に響く物があったように思う。パトレイバーの劇場版に登場する世界に絶望した男達同様に、人間の暴挙に落胆して神の望むまま、助けを求める人類を見殺しにし、自らと愛しいはずの家族の命すら最後には滅しようとするノアという男を愛さずにはいられない自分がいた。

各方面から反応があったというのも頷ける際どい脚色の結果、失った物もかなりあったのかもしれないが、世界中で自分と自分の家族だけが生き残るという極限状態なら、これくらいの狂気の一つや二つあって然るべきとも思う。もしも自分や家族だけがこの世界の生き残りになったとしたら、どう感じるのだろうか?いくら子孫を残すためとはいえ、兄弟や親とセックスするなんて嫌だろうな...と、真っ先に考えた僕は、まず間違いなく箱舟に乗れはしないんだろうね.......


あの津波で亡くなった人たちが、亡くなる寸前何を考えたかなんて思いもよらないけれど、自分がこの世界に無用な存在として神に罰せられただなんて思ったままこの世を去っていなければ良いなと思う。

そして、こんな仕打ちをしてくる地球であっても、命をくれたのも地球なのだということを忘れず生きて行こうと思った....





ノア 約束の舟 公式ウェブサイト
posted by lain at 10:10 | 北海道 ☔ | 映画 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする