2017年03月02日

面白い。ただひたすら面白い。それが全てだ。「人形の国(月刊少年シリウス2017年4月号)」弐瓶勉/講談社/感想

遅ればせながら、弐瓶さんの新連載を読んだ。

有り体に言って集大成に感じた。

クソ面白い。






それでなくとも分かり難い世界観(シドニアは非常に親切な設計だった)が多い弐瓶作品だからなのか、冒頭の世界観説明が若干野暮な気がしたものの、あっという間に惹き込まれる空間造りは流石としか言いようが無い。

あと、「BLAME!」の舞台になった果てしない階層都市の成れの果てのような建造物から物資を手に入れている主人公達を見て、思わず「これはナウシカだ」と頭に浮かんだ。フード付きの服のデザインも何処となくナウシカの服に似ているし、もしかすると弐瓶勉さんもナウシカのSF部分に惚れ込んだ一人なのかもしれない。

IMG_0248.jpg
本作でも安全帯が大活躍

IMG_0252.jpg

シドニアに引き続き輪郭を強調した効率の良い描き込みは健在




ナウシカというと、巨神兵のグロさや王蟲の群の気持ち悪さ、そして自己犠牲の大幅な美化が良くも悪くも話のネタになるけれど、ナウシカが腐海を探索する冒頭のシーンが僕は大好きだったりする。あの探索の日々だけを抽出した作品があっても良いくらいにわくわくせざるえない。そう考えると、まさにBLAME!とは僕にとって痒いところに手が届く作品だったんだなと、今更になって合点がいった。

弐瓶作品に付き物のキーワードが次から次へと登場するし、個人的な印象としてはBLAME!の続編的な位置に見える「人形の国」。シドニアより本来の弐瓶作品に近づいているようにも思う。シドニアから弐瓶さんを好きになった人たちがどれだけ付いて来るのか、少々意地の悪い古参ファンの心も疼く作品になりそうで楽しみである。


早くBLAME!の映画やノベライズ&短編アンソロが見たくて仕方ない............




posted by lain at 07:09 | 北海道 ☔ | 漫画 青年向け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする