2017年02月24日

amazarashiと雨曝しのロボット達

やっと木曜日も終わりだと重い脚を引き摺り帰宅し、さあ今夜は”ニーアオートマタ”遊ぶぞぉ!と思ったら全然事前DLが出来ておらず断念。代わりに配信が始まっていたamazarashiによるニーアとのコラボシングルを聴いて気を紛らせていた。



曲だけでもニーアとの蜜月具合が伝わって来る仕上がりなのだけど、MVは更に衝撃的でドール好きの一人としては見るのが本当に辛かった。今夜届くはずのディスク盤に付いて来る絵本がどんな物に仕上がっているのか気になって仕方ない。今夜こそニーアとamazarashi三昧で決まりだ。





話は変わるけれど、2、3日前にTwitterでフォローされて存在を知ったJunk Robotという女性一人のソロプロジェクトがなかなか興味深かった。




内外的に憤りを抱え、純粋故の八方塞がりな生き方をしている辺り、女版”尾崎豊”と呼ばれた”橘いずみ”と同じく、女版”amazarashi”と呼びたくなるJunk Robot。まだまだ”秋田ひろむ”ほどの質量は彼女の歌に無いけれど、その尻の青さが逆に初々しくて応援したくなるし、これから先もっと深淵を覗きに行ける彼女が羨ましくもある。

どんどん知名度が高まって来たamazarashiや、それに感化されながら自分の歌を模索するJunk Robotのように、これから先も純粋さ故に傷ついた人たちの歌が拡がって行くのでしょうね。


それが良いことなのか悪いことなのかは分からないけれど......














関連過去記事

posted by lain at 06:58 | 北海道 ☔ | 音楽 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする