2017年02月20日

酷く厄介な愛のお話「コードギアス 亡国のアキト」赤根和樹(監督)/サンライズ/感想

去年の今頃は、劇場で最終章が上映されていたであろう「亡国のアキト」を、だらだらした日曜の気まぐれで1章からまとめて観てしまった。


正直言って、1章を初めて観た時の印象は芳しくなくて、既存のコードギアスの良さと、赤根監督の良さが相殺し合って中途半端な仕上がりになっているような気がしていた。しかし、こうして改めて一気見してみると、紛れもない赤根作品であり、コードギアスでもあり、これはこれで良い物になっているなと普通に楽しんでいる自分がいた。

ストーリーとしては実にシンプルで、主役であるアキトが、ギアスの力に飲まれてしまった兄をヒロインである”レイラ”や仲間と共に止めようとする話なのだけど、赤根監督らしい説明は少なめの思わせぶりなシーンをじっくり見せる演出や脚色のおかげで凄く重みのある手応えを感じさせられた。お陰様で1章2章と鬱展開しかこの先待っていなさそうに思えてならなかったものの、終盤は辛いシーンと同じだけ救いもあって後味も悪く無い。動物のような挙動を見せる不気味なナイトメア”アレキサンダ”のアクションも実に見応えたっぷりで娯楽作品としてもかなり良かったと思う。






障害を乗り越え親密になっていくアキト達のドラマも良かったが、僕は特に悪役であるアキトの兄”シン”の気持ちにばかり同調してしまった。幼い頃に母親の不貞に傷つき、全てを終わらせることを願ってしまったシンが、その母親の不貞の象徴である弟の無垢な魂に否定され、暴走して行く姿は不憫で本当に辛かった。

レイラ達のおかげで自分の存在を肯定出来るようになって行くアキトとは対照的に、死者とばかり会話をするシン。自分を最後まで見捨てず愛してくれた女性の存在を肯定して事切れる最後のシーンには思わず涙が溢れた........




ひとによって亡国のアキトの印象はまるで違うかもしれない。駄作と切り捨てる人も当然いることだろう。でも、少なくとも僕はアキトを観たことで今進行中のコードギアスの完全なる続編が楽しみで仕方なくなった。ほぼオマケ程度の出演でしかなかったスザクとルルーシュのあれからも知りたいし、シンやアキトを翻弄したギアスの力の正体も、もう少し知りたい。

どんな力なのか今回はっきりしなかったレイラの再登場はあるのかどうか分からないけれど、コードギアスであってコードギアスでない、亡国のアキトくらい挑戦的な新作になっていると良いなと思う。






関連過去記事

posted by lain at 07:04 | 北海道 ☔ | アニメ 劇場版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする