2017年02月15日

コトリンゴという僕のキャンバスに絵を描いてくれる人

歌の力は必ずしも万能では無いけれど、音楽という枠組み全体が持つ影響力は計り知れない物があるなと、「この世界の片隅に」の空気感を決定付けていた”コトリンゴ”さんの他の楽曲も聴いてみて思った。







一言で言って彼女の歌は明るさとは無縁だ。楽しげな楽曲でさえ何処か陰を感じる。ただ、どちらか(陰と陽)一方に偏り過ぎないフラットさがあり、受け手の気分次第で温かくも冷たくも曲の印象はガラッと変わり何度聴いても味わい深い。


歌声そのものも素晴らしいが、その歌声をがっちり支えている楽曲の存在感がこれまた素晴らしい。1週間以上みっちり聴いて、彼女の音楽を映画に使いたくなるクリエーター達の気持ちがよく分かった。濃淡の付いた表情豊かな音だから、彼女の世界なのか自分の中の世界が引き出されたのか分からなくなるほど、あっという間にイメージが頭の中に広がっていくのが心地良い。もういっそ、映画そのものの仕上がりが微妙でも、コトリンゴの楽曲さえあれば大丈夫な気さえしてくる。








坂本龍一氏とのコラボや、キリンジでの仕事も面白いコトリンゴ。個人的な願望としては、保刈さんや新居昭乃さんと曲作りするのも面白そうだ。


にしても、相変わらず知らぬ間に同年代を好きになるものだと思った。同じ時代を生きて来ると感じ方や大事にしたい物が似て来るものなのでしょう。また何処かで彼女の音楽に支配されたいものである((🎧))







のん主演『この世界の片隅に』の立役者 コトリンゴインタビュー - インタビュー ...









関連過去記事

普通が普通であるために「この世界の片隅に」片渕 須直(監督)/こうの史代(原作)/MAPPA/感想

タグ:コトリンゴ
posted by lain at 07:18 | 北海道 ☔ | 音楽 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする