2017年01月19日

変わりたい気持ちに性別も優劣も必要無い「ぼくらのへんたい 1巻」ふみふみこ/COMICリュウ/徳間書店/感想

人は何かしらの問題を抱えた時、似たような境遇にある誰かを潜在的に求めたりするものですが、今のようにネットが在って当たり前な時代は、案外あっさり赤の他人と悩みを共有出来てしまうから、逆に有り難みを実感していない人も多いのでは無いでしょうか?

それこそ本作の舞台が30年前の日本であれば、女装する理由を抱えた10代が同志を見つけるなんて、夜のお店が立ち並ぶ繁華街へ足を踏み入れるしか無かったのではないか?とさえ思えて来ますし、まだまだ肩身が狭いとはいえ、現代日本において性別に関するストレスを抱えた人達は幸運なのかもしれません。



この作品は、三人の女装少年達がオフ会を開くところから始まります。

溺愛していた娘が死んだ事を受け入れられない母親のために、家へ帰ると姉そっくりに女装する少年

幼い頃のトラウマの影響で好きな男の先輩が望む通りに女装し、自分を偽り傷つけ続ける少年

普段の姿は男装で、これは女装では無いと感じている少年

IMG_3449.jpg
IMG_3451.jpg
IMG_3450.jpg
IMG_3452.jpg




三者三様の理由がそこにはあって、同じように見えて同じではない彼等の想いが交錯し、傷つけ慰め合い、かさぶたが硬くなるみたいに少しずつ大人になって行くほろ苦さがなんとも味わい深い。彼らを取り巻く周囲の人達の心模様についても触れていたのが大きく、少々女装した時の少年感に物足りなさがある絵ではあっても、切っても切れない性的な表現も含め避けては通れない部分に触れているからこその生々しさがありました。

IMG_3442.jpg
三人の中で中心的な存在の青木 裕太。女装している時の”まりか”と変わらず普段から可愛らしい
IMG_3439.jpg

と、詰襟を評し
IMG_3438.jpg
初めてのオフ会で気持ち悪いと言われたことに気落ちする純粋な子



IMG_3455.jpg


まりかを傷つけた張本人の木島 亮介
IMG_3453.jpg

しかし、母のために”ユイ”へと変貌する彼はガチで病んでいる....


IMG_3440.jpg
三人共に見ていて辛い瞬間が多いが、田村 修くんが女装して”パロウ”として生きている瞬間が一等苦しかった......



僕は特に、幼少期のトラウマから糞ったれな男供に身を委ね、自らを貶め続ける少年が自分にダブって見えて仕方なかったです。別に同じような境遇にあったわけでは無いのですが、このままじゃ自分が駄目になるだけだと分かっているのに依存し続けてしまう彼の姿には身につまされるものがありました。変わりたい。変わらなきゃいけない。そんな気持ちが僕の中で燻り続けているのでしょうね....

女装云々に限らず、変わりたい人の気持ちを動かす良い漫画です。



※AmazonのKindle Unlimited を利用していれば、1巻だけ無料




posted by lain at 07:13 | 北海道 ☔ | 漫画 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする