2017年01月16日

親しき仲にこそ劣等感あり「おとなりコンプレックス 1巻」 野々村 朔/クロフネコミックス/感想

「もしも生まれ変わるなら、男と女どちらが良い?」

なんて会話を人間生きていれば1度や2度すると思いますが、特に多感な年頃には身体も出来上がっていないため、何故自分は男(女)に生まれてしまったのだろうと、子供の頃思い悩んだ方も少なく無いはず。

ところが 、女装や百合なんて言葉が普通に飛び交う今の時代でも、意外と男女共に同じ性別に生まれ変わりたい人の割合が多いと統計が出ているそうです。生涯未婚が女性10%のところ男は20%だったり、出生率は多いのに早死にするから人口比率は女性の多いなど、数字だけ見ても僕などは女性に生まれ変わった方が利点が多いように思うのですが 、案外男でいる事を気に入っている男性が多いものだと思いました。立ちション出来るのが大きいのだろうか?

せっかく生まれたのだから楽しまなきゃ勿体無い

そういう気持ちがちゃんと行動に現れていて、男のように考えるだけで満足するような控えめな面がまるで無いのが女性の良い所であり、悪い所でもあるけれど、綺麗に化粧を施し、色鮮やかで全く機能性が皆無な可愛らしい服に身を包み、その余剰エネルギーをお前は何処で発散するつもりだ?と側から言いたくなるほど甘い物を喰らう姿を羨ましい以外の言葉で言い表すことなど出来やしない。月1の鬱陶しい血の儀式は要らないなぁと思うものの、僕はやっぱり生まれ変わるなら女になりたくて仕方ない。


だがしかし「おとなりコンプレックス」に出て来る男の子ほど女装が似合うなら、男に生まれる方が楽しいような気もする。





大学に入っても兄弟みたいにべったりな幼馴染の男の子(幼い頃から女装させられていた)と女の子(何処からどう見ても爽やかなイケメン)が、年相応の色恋に巻き込まれ、互いのコンプレックスと向き合いつつ幼馴染から男と女として意識するようになって行くという、良い意味で普通の少女漫画展開が読んでいて楽しかったり辛かったりで面白い。女装とイケメン女子という逆転カップルな設定があるだけで、これだけありふれた内容が面白くなるんだなと思った。好きかもと思っていた合コンで知り合った男子が、女装した幼馴染を女だと思い込んで付き合いたいと言い出した時のイケメン女子の心理描写や、自分だけの物だと思っていたイケメン女子が他の男と仲良く会話しているのを女装したまま見守っていた男の子の気持ちなど、本当に甘酸っぱくて酷く羨ましい。

野々村 朔さんの女装表現は、ただ女の子の絵に実は男の子だという設定を付け足した物ではなく、何処となく骨格に男の特徴が残っている匙加減が良い。イケメン女子も、その時々で女性らしさが垣間見える瞬間があって、ちゃんと二人の感情が男としての物なのか、女としての物なのかを表現出来ているような気がした。特にイケメン女子が作中可愛らしい女の子に萌えるシーンや、女装男子が嬉々として女物の服選びをしているシーンにリアルさを感じた。同性愛者だろうが異性愛者だろうが、自分の中に絶対異性としての思考が誰にだって少なからずあるわけで、そこを意図的に呼び覚ませば僕らはもっと自由に生きられそうである。




結局のところ、僕は同性愛者でもないから、無い物ねだりを拗らせ女性に憧れているだけかもしれない。

だけど、簡単に手に入るものならば、誰も憧れたりしないことだろう。

もしもRPGのように、自分で性別を選べるなら、あなたはどちらを選びますか?

90C82BDE-223C-4CEB-B292-A30B10E32DF0.png







posted by lain at 07:00 | 北海道 ☔ | 漫画 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする