音漏れだけは赦してちょーだいとAirPodsが申しております(ぺこり)

二日前にiPhoneが10周年を迎えたからでも無いけれど、昨年末に注文していたAirPods‎が今年届いた。
EA80A7B9-7A94-4666-BA94-13B0229E4A71.jpg



正直なところ、最初は買う気が無かった。なにせこれまでのEarPodsのコードをバッサリ切っただけのようなデザインであったし、物理的なコントロールが出来なくなってしまうことへの不信感が根強かった。少々の小銭と、発売前のざわつきが目に入らなければ、実際見送っていたに違いない。

しかし、こうして手元に来ると、やっぱりApple商品は良いなと思ってしまう。白いパンツにひたすら拘る少々気持ちの悪い男の気持ちに近い感覚かもしれない(分かり難い) それこそ文字通り蓋を開けてみると、あっという間に気に入ってしまう満足感がある。Appleお得意の磁石で、ケースの蓋の開閉やケース自体にイヤホンが吸い寄せられ収まる感覚だけでも気持ち良い。おしゃれさで誤魔化されるちょろいお客である俺は。

8DA17E55-13D9-488F-AE6D-88BFF96093D1.jpg



イヤホン自体のデザインは、やはり少々どうかな?と思うものの、Bluetoothの感度は安定しているし、電池の持ちもそこそこ良い。音質は有線に劣らないどころか良くなっているような気さえする(気のせい)  イヤホンを外すと勝手に音楽の再生がストップする(また着けると続きから再生される)のもなんだか楽しい。フィット感も問題なくコード類が一切ないイヤホンの快適さが十二分に味わえる。ただ、超簡単な接続方法の裏で、本名バレの罠があったりする点はなんだかなーと思った。






後はそう、物理的なコントロールの方法が一つしか無いのは時々不便に感じる。イヤホンをトトンとダブルタップしてSiriを起動する以外の操方法が無いのだ(電話に出る時も同じ)誰も居ないところであれば、Siriとおしゃべりして近未来ごっこに興じるのも楽しいが、周りに人がいるとちょっと気が引けてしまう。

とは言え、これまであまり活用して来なかったSiriを使う理由が一つ出来たと考えれば、悪いことでも無いかもしれない。実際「曲をスキップ」「少しボリュームを下げて」とか、普通に言っても判断してくれたのは楽しかった(スキップと言うだけでも飛びます。もっと簡略した言い方でOK)



生活に劇的な変化を与えてくれるとまではいかないかもしれないけれど、面白いアイテムではあるし、これから先同じような機能性のイヤホン開発が盛んになることでしょう。それだけでもこの商品は出した意味があるのかもしれない。