独りでも二人でも大勢でも、小田サンタはやってくる「クリスマスの約束 2016」小田和正/TBS/感想

 これで何回目のクリスマスだろう?

 静かに窓を落ちる雪を見ながら思った。





 クリスチャンでも無いし、恋人が居るわけでも無く、あまり家族とワイワイやるタイプでも無いから、クリスマスが来ても特別なことはほとんどない。せいぜい姉の子供たちにささやかなプレゼントをするくらいが僕のクリスマスだ。

 そんな僕が一つだけ欠かさずにいるのは、小田和正さんの「クリスマスの約束」を観ること。ゲストとゲストの歌を一緒に歌う小田さんを観て、あぁ、今年も終わるんだなと、しみじみ考えるのが恒例行事。31日より25日の方が僕にとっては大晦日だ。いっそクリスマスの夜からお正月休みになって欲しいとさえ思う。キリの悪い出勤をするくらいなら、有給の一つも使って連休を繋げたくなる。



 さて、今年のクリスマスの約束だが、兎に角”宇多田ヒカル”に限る。クリスマスの約束が始まった年に叶わなかった共演が、長い年月を経て叶ったのだから。小田さんを前にしてもいつもと変わらず肝っ玉の据わった表情の宇多田。昔より遥かに歌が上手いし、感情の乗りも本当に良かった。みんな、今一度見直して欲しい。宇多田ヒカルの「Automatic」のMVを。歌唱技術もダンスも化粧も髪型も絶対ダサく思うはずだ。

IMG_3263.jpg

 



 今も眉の描き方は、個人的にどーよそれ?と思ってしまうものの、何もかも今の彼女の方が素晴らしい。女は子供を産むと段違いで深みが増す生き物だと思った。最後に小田さんの「たしかなこと」をチョイスした点も子を持つ母らしい。これからも良い人生を積み重ねて、歌へと還元して貰いたいものだ。


 宇多田ヒカルが下がった後は、まあいつもの約束だった。仕切り屋な和田唱や委員会メンバーとの息の合った楽曲の数々。普通に良い。ひとつ気になったのは、根本要さんがメガネをしていなかったことだ。一瞬誰かと思った。それはそれは若々しく見えた。

 あと”さだまさし”さんと何故音楽を続けているのか?という話になった時、そりゃ金と女と名誉だろと言われ、じゃあそれを全部手に入れたのに何故さださんは続けているのか?と問うと「もうちょっと上手くなりたいんだよな」と応え、そんな話をしているところに小田さんの練習している音が聴こえて来て「なっ?」と、さださんが言ったという話が良かった。歌手だけじゃ無く第一線に残り続けてるおっさん全ての人の動機だろう。

 もしかしたら、小田和正は老害だと、言い放つ若者もいるかもしれない。確かに全盛期の張りや体力が喉に無いし、委員会メンバーに甘えてチャレンジする気持ちも若干薄らいでいる面もあるだろう。でも、真摯に歌へ臨む小田さんはまだ折れていない。誰が何を言おうと歌っている。そして、そんなおじさんは格好良いと僕は思う。

IMG_3260.jpg



 少しでも上手くなるために

 それがアーティストの音楽を続ける理由なら、僕らは少しでも長く聴いていてあげたい。

 病める時も健やかなる時も〜と宣言する男女の話でもないが、その命が尽きるまで、好きな誰かには可能な限り寄り添って生きたいものである。

IMG_3261.jpg


 メリークリスマス🎁