見たい、見たく無い、でも見なきゃ....「ウォーキング・デッド シーズン7」FOX/海外ドラマ/感想

FOX
※ネタバレ






毎日毎日、こうして生きていると、胃が重くなるような出来事に遭遇することが誰にでも時折あるかと思う。

大きな失敗を学校で、会社でやらかした。自分の過失で車両事故を起こした。家族や友人と引き際が見つからないほどの喧嘩をした。気になる異性が自分のことを本当はどう想っているのか思い悩む。それぞれ色々あることだろう。


それもこれも、”それら”が現実における自分の居場所を守る為に避けられない問題だからこそ胃が重くなってしまうわけなのだけど、作り物の世界であるウォーキング・デッドも、同じように逃げ込むことを許さないスタンスで現実の苦しみをこれでもかと落とし込んでいるから本当に胃が重くなる。

マンネリをぶち壊す覚悟が製作陣から痛いほど(文字通り)伝わってくるシーズン7の幕開けも、最恐で最良なものになっていた気がした.....





シーズン6だけでも問題が起き過ぎててんやわんやだったから、一年ぶりに見ると「なんでこんな状況になってたんだっけ?」と普通に思ってしまったが(同じように前回までの内容を忘れてる人は、公式のおまとめサイトが簡潔で分かり易い→http://tv.foxjapan.com/special-content/twd/season6.html) 救世主と呼ばれる集団に囲まれ、いつもの面々がずらりと膝をついて座り、革のジャケットを着た”にやけ面”の男ニーガンが有刺鉄線付きのバットを片手に誰を殺そうかと品定めをしている冒頭を見て、そうだ、とうとう親玉が出て来てヤキ入れられそうになってるんだった!と、記憶が蘇って来た。

どうなっちまうんだ?本当に誰か死ぬのか?出来れば誰も死んで欲しく無い。あいつだけは勘弁してくれ!!そんな気持ちでいっぱいで居ても立っても居られないまま、焦らされ続けること10数分、とうとう脱落者が分かる。一番タフそうながたいのエイブラハム・フォードだ.....お気に入りのバットで何度も何度もエイブラハムの頭をぶちのめし、原型が分からない肉塊になるまでやめないニーガンは酷く楽しげで、これまでの相手とは明らかに違う冷徹さが漂っていた。あぁ、でも言っちゃなんだけど、エイブラハムの死で済んだなら、まだ傷は浅いぞ!と、思ったのもつかの間、まさかのグレンが不意打ちでヤられて絶句......エイブラハム以上に無残な様を見せつけられ、彼の子を身篭っているマギー級に僕もショックだった......

何しろグレンはシーズン1からの初期メンバーの一人。絶体絶命のリックを助けた男でもあった。これで初期から生きているのはリック親子の三人とダリルとキャロルだけ。モーガンもそうだけど、過ごした時間の長さを考えたら、グレン達への思い入れに遠く及ばない。これが本当にコミック原作のドラマなの?そう思いたくなるほどおぞましい展開だ。いちいち比べるのもなんだけど、日本の漫画原作でここまでの実写化は見たことがない。日本がウォーキングデッドのよう物語が生まれる土壌では無いことは、ある意味においては幸せなことかもしれないけれど、いかに僕らが温い現実に絶望して生きているかが分かる話だなとも思った....





僕ら日本人と世界中の人達の立場の差を比べどうこう言うのはナンセンスとして、大きな岐路に立ったリック達がどんな選択をし、どんな風に生を全うするのか気が気では無い。

毎週また深い溜息を吐くことになりそうで気が重い。いっそ観なきゃ良いのかもしれないが、そうもいかないほど彼等を身近に感じる自分がいてままならない....

D937B15B-DE68-410D-81DA-CC3533274AD1.jpg