いつか好きになるかもしれない君へ...「マクロスΔ」河森正治(総監督)/安田賢司(監督)/根元歳三(シリーズ構成)感想

 僕はマクロスが大好きだ。


 全長1000mを楽に超える宇宙船や戦闘機が人型に変形するからという男の子らしい理由は勿論のこと、そのロボットと同じくらいでかい異星人と存亡を賭けて戦うことになったり、タイプの違う女性2人と三角関係になっていくシチュエーションに惚れた。



 様々な要素が入り混じるマクロスの中で、もっとも驚きだったのはで敵を撃退することだった。可愛らしいアイドルの女の子が歌を歌うだけで敵が恐れおののき骨抜きになる様は、今見ると童貞の狼狽えそのものだから、ちょっと苦々しい気分にならざるえ無いものの、ジョン・レノンさえなしえなかった世界平和を歌で勝ち取るリン・ミンメイに僕も大いに夢中になった。


 その後もマクロスⅡやマクロスプラスといったOVAシリーズは大好きだったし、ガラリと作り変えたマクロス7も楽曲を中心に意外とハマって(文句言いつつも)いたものの、マクロス・ゼロを境にトーンダウン。ロイ・フォッカー目的で観始めたのが悪かったのか、あまりにもコレジャナイ感(ロイ・フォッカーが)を感じてマクロス熱が冷めていったのかもしれない。お陰でマクロス・ゼロの内容は全然覚えていない....



 至極当然の流れでマクロスFも放送当時は観て居なかった。どうせ若い子向けの内容なんだろうと食わず嫌いを決め込んでいたのだ。しかし、あまりに人気があるものだから、流石に黙っていられなくなり、まとめて観出したらこれがとても面白かった。なんといってもランカとシェリルの関係性の変化が面白い。ぶっちゃけ主人公なんてどうでも良いくらいヒロイン達が輝いていて、真逆な二人を見事に表現している楽曲の数々も歴代の歌姫に負けじと魅力的だった。


 だから、マクロスΔにだって期待せずに居られなかった。今度はどんなバルキリーが飛び、どんな女の子が歌い、どんな敵と戦うことになるか?本当に楽しみだったのだ。でも、結果は期待の空回りに終わったのである......





 多分普通に面白いアニメだったと思う。『これが俺の中で一番のマクロスだ!』が、まだ存在しない人にとっては。残念ながら僕はそうではなかった。どうもマクロスΔは描きたい物・者を絞りきれていないため全体的に中途半端だった気がしてならないし、セリフの細かなニュアンスが好みでは無かったから素直に楽しめなかった。途中、自然に内容を伝えられなくなり、武器商人の男にベラベラと説明させる回も興ざめ。あれで脚本の底がしれてしまった。


 一つ一つの思いつきは良かったのでは無いかと思う。具体的に歌の力を表現していく試みが始まったマクロス7からの流れを活かしたこと。加害者であり被害者でもあるウィンダミア側も描いたこと。一人でも二人でもバンドでもなくアイドルグループにしたこと。どれもアイディアとしては全く悪くなった。ただ、それらの配合の割合を間違え、修正が追いつか無いまま最終回を迎えただけなのだろう。これが2クールではなく4クールなら違ったかもしれない。


 作画の面でも、ここぞという時の凄味が若干物足りなく感じた。ラスボスの男など最後までスッキリした表情で、もっと形相と言える顔が欲しくて堪らなかった。マクロスΔの最終回後に、モブサイコ100の最終回を観ていたら、無性にボンズにマクロスを撮らせたくなった。感情が痛いほど伝わる躍動感あるマクロスを作ってくれるはずだ。


 まったく、地球少女アルジュナの頃のサテライトは何処へ行ったというのだろう?.........






 ストーリーは不完全燃焼で、楽曲も今一歩といったところだったから、マクロス7の時の残念さとはまるで質違う残念さが僕を包んでいる。マクロス7はマクロスであってマクロスで無い作品だったから、順応するのに時間がかかっただけで、あれはあれでちゃんと個性を出した良いマクロスだったと今なら言えが、果たしてマクロスΔのこともそう思える日が来るのだろうか?


 今の僕は、まるでそんな日の訪れを予想出来はしない.....




 もう男一人に女二人は時代に合わ無い気もするし、いっそ思い切って女一人に男二人という三角関係も有りな気がするかなw