私は、普通の人間に見えますか?

いつものように目覚ましも無しに起きた朝、シャワーを浴びて出てくると、茶の間から聞き慣れぬ国歌が聴こえて来て、なんと無しに”吉田沙保里”が負けたのだと悟った。



リオ五輪での女子レスリングはとにかく派手な始まり方をした。登坂絵莉が残り13秒で逆転勝ちを収めると、それに続いた伊調馨は、その記録を残り4秒にまで縮めて勝利。重量級である69キロ級でもポイント劣勢の場面から土性沙羅が金メダル。ここまで日本に追い風だと、世界の大きな舞台で何大会もの間負け無し(個人戦)の存在だった吉田沙保里に期待したい者など居るだろうか?

だが待っていたのは吉田沙保里敗北の知らせだった。普通の女性ならば絶対に喜ばない"霊長類最強"の異名を付けられた33歳も、やはり人の子だったのである。余計なことばかり聞くインタビュー相手に何度も負けたことを謝る彼女の姿を見ていたら涙が次々溢れて来た。

モニター越しでは伝わりきらない重責を担って来た吉田沙保里。互いにモチベーションを高め合って来た伊調馨に対しても申し訳ない気持ちでいっぱいだったに違いない.....



昨夜、すっかり失念していた「境界の彼方」の劇場版を観て、世間から普通の人として見て貰えない男女が惹かれ合う様子に切なくも羨ましい気持ちにさせられたが、これを機に吉田沙保里も女性としての自分を1番に考える人生に目を向けても良いんじゃないかと思った。

幸せは人それぞれある。自分の為だけ生きる者もいれば、自分の意思は二の次で誰かに望まれる自分であろうとする者もいる。当然女性だからと言って、恋愛や結婚が絶対では決して無い(吉田沙保里本人は色恋に積極的らしい)



ただ、無用な謝辞が最初に口をついて出るような生き方は間違っているように思えてならない。謙虚さは美徳であるが、度が過ぎると自らの人生を棒に振ることになる。

彼女を取り巻く人々だけでなく、彼女自身そろそろ霊長類最強から吉田沙保里を解放してあげても良い時期が訪れているのかもしれない。