走って転げてリングどばー!

先に25周年を迎えていたメガドライブの代表作である「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」もめでたく今年で25歳になったと聞いた。なんだ、僕より一回り以上年下じゃないか(先輩風)



ファミコンと言えばマリオ

と言われるように、ソニックも”メガドラと言えばソニック”と引き合いに出される存在ではあるものの、実際のところ国内でソニックをちゃんと遊んだことがあるユーザーは少なそうだ。マリオとのコラボ作品は兎も角、セガが自社のハード開発を断念して以来の単独ソニックはまったくもって売れていない。一度でも遊べばスピード感溢れるアクションの気持ち良さが伝わりそうであるが、やはりアメリカンな性格のソニックより、優しそうなお髭の配管工の方が子供受けは良いのだろう。

音楽もお洒落で、こういったMixにも無理がない(スーパーメガドライブFAN Vol.1の付録CDに収録)



僕は動体視力があまり良くないから、ソニックの高速アクションが実は苦手で、友達のプレイを横で見ている派だった。マリオとはまるで違うスタイリッシュなアクション&デザインに感動したことをよく覚えている。それからしばらくしてゲームギアを買い、同梱されていた「ソニック&テイルス」の尻尾を使って空を飛ぶテイルスのおかげもあり苦手意識も無くなりソニックが大好きになった。

高校時代は縁遠くなってしまったものの、DCを手にして1番遊んだのは「ソニックアドベンチャー」で、迫力の演出やキャラごとに異なるゲーム性、更にはビジュアルメモリを活かした遊びまで出来るチャオと呼ばれるマスコットキャラの可愛らしさまで、隅々まで堪能した。

『あの頃は〜よかったなんて〜言いたくは〜なぁかったのになぁ〜♪』と「列車」で歌う”LOST IN TIME”が直様浮かぶくらい、あの頃はセガのゲームを心から楽しんでいた。人生で1番ゲームが眩しい季節だったなぁ....

あれからソニックのスピード並に時が過ぎ、すっかり様変わりしたセガ。変わったのはセガだけでは無いものの、大好きだったゲーム会社が空々しく見えるのはやはり寂しい。個人でさえままならないのだから、企業体が何も変わること無く存在し続けるなんてことは天文学的数字で有りえないのだろうけど....



(´-`).。oOMSを追い抜いたAppleのように、いつかソニックもマリオを抜く日が来るのかな?....無いな......






この記事へのコメント