2016年05月03日

奪っても奪われても恨みっこナシよ〜♪....なわけあるかーい!な世界「マッドマックス 怒りのデス・ロード」ジョージ・ミラー(監督)/感想

 なんか物凄い物を観た。

 色んな事が起きていた気もするが、そんなボンヤリした感想しか出ないほど兎に角凄い物だった。





 199X年


 日本人ならついそんなキーワードが頭をよぎる肩パットと荒涼とした風景のマッドマックスだが、勿論こちらのシリーズが本家であって、「お前はもう死んでいる」と口にしている方こそ影響を受けた張本人だ。人気のゲーム”Fallout”シリーズだって、マッドマックス2が無ければ生まれることは無かったというのだから、その偉大さは計り知れない。

 今でこそ核兵器で汚染され、生き残った者達は限られた物資を奪い合う日々を送っているという設定は使い古された感があって、何を今更と言いたくなる人も多いに違い無いけれど、新たに造られた「マッドマックス 怒りのデス・ロード」の畳み掛けるような映像ギミックを目にしたら、まだこんなに面白くする余地のある世界観だったのか!と驚くことでしょうね。

 こんな撮影の仕方で人死を出さずに済んでいるだなんて本当に信じられなかった。なるべく車両を動かさずに激しいシーンは撮ったようですが、素人目にはCGと実写の区別がつかない為、一切興ざめすることも無く楽しめました。「青の6号」の”前田真宏”さんも参加しているそうですが、細かなところまでハイセンスなデザインで何処と無くお洒落(ヒロインが微妙にハイテクな義手を付けているのが地味にSFで良い)で、大仰に飾った車を駆って正気じゃ無いボディペイントの男達が飛び回る様には初めてサーカスを目にした時のような興奮が蘇ります。

 個人的にとても最高だったのが、泥臭さ200%だったこと。虫をぱくりと頂き、金ヤスリでせわしなく鉄仮面を外し、ガソリンを口に含んでチャージャーの吸気口に一生懸命吹き付け、生きる為にならどんなことでもしてみせる姿が滑稽でありつつも格好良いんです。主人公なんて輸血用の人間として囚われてしまいますし、子孫を残すのに絶対必要となる健康な母体を宝のように扱われているのも切実でした。

 全体的には、ただ車で移動しているだけの大味なアクション映画ではあるけれど、将来に希望を見出せず狂信的になっている人々の状態や、そこから脱却しようとする者達の葛藤が実に素晴らしい熱量で描かれているから、ちゃんと心に残る物もありました。あまりにも感覚的過ぎて、やっぱりボンヤリした感想しか湧いて来ませんがね.......





 正直これほど面白いとは思っていませんでした。劇場には行かなくて良いだろうとさえ考えた。あまりに評判が良過ぎて、無駄に懐疑心というか、捻くれ心が刺激され映画館への足取りを重くしてしまったのもあります。でもこれは絶対劇場で観るべき映画でした。勿体無いことをしたものです....

 あと2作品マッドマックスを作りたいという”ジョージ・ミラー”監督。まったくとんでもない71歳も居たものですね。次回作が糞楽しみだ。




 俺のギターをキケェェェェエ!!!
posted by lain at 08:22 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 映画 SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。