あなたの初”新居昭乃”アルバムは何?『新居昭乃 30th Anniversary LIVE TOUR 2016「Little Piano vol,6」札幌 スターライトドーム 4/16』感想

 世間様が熊本に端を発した大地震に落ち着かない日々を送っている中、無事今年も昭乃さんのライブが開催されてホッとした。

 なんと言っても今年はデビュー30周年の節目。是が非でも行きたかった。



 今から30年前と言うと僕は8才で、まだ昭乃さんの存在など知る由も無かったわけだが、それから10年近くしてマクロスプラスで出会うこととなった。多くの昭乃ファンが同じ道を通って来たことだろう。

 デビューのきっかけとなった「ウィンダリア」にも同じ時期にレンタルビデオ店で出会った。当時過去のOVAやアニメの劇場版を漁りまくっていた僕は、たまたま大好きな「宇宙皇子」のコンビ(”いのまたむつみ”さんと”藤川桂介”さん)で作られた本作を見つけ、ED曲が昭乃さんの「美しい星」であることを知りました。

 今にして思えば、菅野よう子さんとの楽曲では無い、本当の昭乃さんを知った瞬間だったのかもしれません。



 それから貪るようにアルバムを購入。初めて買ったのは「そらの庭」で、幻想的な昭乃さんの世界観に溶け込んでしまいそうなくらい聴き込んだ。”Reincarnation”で壮大な場所へ誘われたかと思えば、”小鳥の巣”でいたずらっ子の微笑みを投げかける。この頃は”保刈久明”さん以外の人も編曲を担当していたせいか、タイアップ曲無しのオリジナルアルバムの割に色んな表情が楽しめる一枚だったかもしれない。皆さんは一体どのアルバムから昭乃さんに触れたのだろうか?.....





 さて、今回の30周年ツアーですが、各会場ごとにセットリストがまるで違うものになるようです。最初の数曲の後、過去のアルバムをまるごと演るスタイルなので、すべての会場へと足を運べば、今までライブで聴きたくとも聴けなかった曲にも出会えてしまうかもしれません。スタンプラリーもあるそうなので、果然熱心なファンは鼻息を荒くしていることでしょう。ちなみに、札幌は「Blue Planet」でした。未収録の曲を集めたアルバムでしたから、これまでのLittle Pianoより新鮮だったかもしれません。最初の3曲の間は硬さがあったものの尻上がりに良くなり凄く癒されました。曲に関する裏話も多めであったし、あれもこれもどれもこれも本当に良かった。毎回違うセットリストに挑むことになる昭乃さんですが、若干ぶきっちょな所があるので大変でしょうね。遣り甲斐のある一年になることでしょう。

 他にも昭乃さんがライブで使用するミュージッククリップの素材をファンに提供して貰おうと言う企画があったり、事前にHPでリクエストを募ってツアーファイナルのセットリストを決めるなど、ファンへの感謝が溢れた記念イヤーになりそうであります。夏に出るというアルバムも楽しみだ。





 この先50周年なんて日がやって来るかもしれないけれど、いつか昭乃さんともお別れの日がやって来るんだなと、素敵な一夜が明けた今はネガティブに考えてしまいます。なんとかして昭乃さんのDNAを後世に遺して欲しいですね。音楽性を残すだけなら実質の血の繋がりである必要も無いですが、クローニングが可能なら是が非でも地球が終わるその時まで昭乃さんには存在していて貰いたいなと思いました.....





札幌スターライトドーム4/16 セットリスト

 1.星の雨

 2.Moon Light Anthem~槐1991~ 

 3.VOICES


 ※4~17「Blue Planet」より

 4.花かんむり

 5.HAYABUSA

 6.黄昏は未来で待つ

 7.ガリレオの夜

 8.キミヘ ムカウ ヒカリ

 9.Sailor 

 10.蜜の夜明け

 11.鳥かごの夢

 12.雨の日には

 13.深海の火

 14.Tyrell

 15.Saint Bleu

 16.Sophia~白の惑星

 17.ポーリーヌ、ポーリーヌ


 アンコール

 18.鉱石ラジオ

 19.美しい星






30周年記念特設サイト 喫茶アキノワール





この記事へのコメント