あの時の子供が今じゃSay You?!「プール」飯田里穂/写真集

 普段周囲に、変態だホモだと好き勝手に言われている僕だが、あえて”どちら”を向いた人間なのかはっきりさせねばならないなら、ロリコン男だと思っている。姉が二人いるから、女と言う生き物がどれだけ恐ろしいか思い知っているくせに、未だ無垢な少女が振り撒く幻想美を追い求めて止まない男なのだから、ロリコンと言う他無いのではなかろうか?


 ちなみに、ショタにも弱いクズである(えっへん)






 いつ自分がロリコンだと感じたかなんて、とうの昔に忘れたけれど、少女のヌード写真の扱いが完全自粛ムード(1999年に制定された児童ポルノ法を皮切りに)に突入していた2000年、既に就職し仕事にも慣れ始めた20代の僕は、書店で「ピュア☆ピュア」の創刊号を見つけ、15歳以下と言う線引きの新鮮なアイドル誌の誘惑に負けていた。内容は既に手垢が付いた(既にモデルや役者として人気のあるJr.アイドルばかりだった)女の子ばかりで、案外普通の雑誌だと最初は思っていたものの、徐々にまだメディアに露出が少ない無名の女の子が増え、これからどんどん上がって来そうなオーラの子供達を、読者自身が育てているような感覚になれる雑誌だった。僕も彼女達を性的な対象としてより、歳の離れた従姉妹であるとか、娘や妹のように想って見守っていたものである。



 そんな風にピュアピュアに大勢いた僕の娘達の中でも、”飯田里穂”の素朴で自然な可愛さは、まさしくストライクだった。当時の彼女は11だか12才くらいだった気がするから、もしかしなくとも好きでやっていたグラビアの仕事では無かったかもしれないけれど、幼い彼女の苦労など知る由もなく僕らロリコンは飯田里穂の笑顔に癒されていた。


IMG_0314.jpg

IMG_0310.jpg

IMG_0313.jpg

IMG_0311.jpg

IMG_0309.jpg

IMG_0312.jpg

IMG_0308.jpg


※1st写真集「プール」より





 あまりに幼い頃から見て来たせいで、今じゃすっかり身内気分が染み付いてしまい、某アニメで彼女のファンになった人達と違って、成熟した今の彼女に一切性的な物を覚えない。逆に、セクシー写真集がどうのとか、メジャーデビューシングルがオリコンの週間シングルランキングで3位に入るだとか目にする度、お嫁にやった娘と縁遠くなって行くみたいで、なんだか寂しい......


 その点だけで言うと、我が子可愛さに優秀な人材を切り、SMAPに辛酸を与えるメリー喜多川の気持ちも、ほんの僅かだが分からなくも無い。あくまでも親心の点だけだが.......


Attachment.png


https://web.hackadoll.com/n/5ygb







 その後あちこちでU15雑誌が出始め、ピュアピュアの存在感も少しずつ薄れて数年前には休刊になったが、女の子をAV女優予備群のように扱う一部の雑誌とは違い、ピュアピュアは将来の有る少女達の魅力を引き出す手助けをちゃんとして来たように思う。”河野英喜”さんを始めとした写真家が、宮崎あおい橋本甜歌榮倉奈々長澤まさみ、そして飯田里穂達と信頼関係を構築出来ていたからこその光景だったに違い無い。


 あの頃注目されていた子供達のうち、大人になってもスポットライトが当たっているのはほんの僅かだ。ロリコンの僕がこんな事を言っても説得力に欠けるが、大人になったらポイッと棄てられるようなことにならないよう、今まさにJr.アイドルをしている人達には頑張ってもらいたい。




 ほんの少しでも自分から業界に居るというのなら......


IMG_0307.jpg

この記事へのコメント