逝くアニメに掛ける言葉があるとしたら.....

 2015年も365日目がもう直ぐ終わる時になって、ようやく今期最終回のアニメを見終わった。

 全くもって季節感無しの大晦日の過ごし方であります。






 今期は非常に粒揃いの作品が多く、非常に時間が足りない日々を送って来たが、続編を匂わせるような終わり方を迎えたり、連続2クール放送する作品ばかりのため、年内終了の作品にはそれほど思い入れがある作品は無かったような気がする。「ワンパンマン」「ノラガミARAGOTO」「ご注文はうさぎですか??」「進撃!巨人中学」「すべてがFになる」「終物語」などなどの原作付きは当然普通に楽しかったし、「スタミュ」「ハッカドール」「影鰐」「ヴァルキリードライヴ マーメイド」のように期待して無いところが地味に良く出来ていたりした。地元が舞台だったからというのもあって「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」もそれなりに楽しんでしまったわけだが、どれもこれも終わってみれば飛び抜けて凄いと言うのとはちょっと違う、優等生アニメばかりだったように思えてしまった。ツブゾロイだったのが災いしたのだろうか?

 他の作品もいつも通りの画面が光るエッチなアニメや、笑えるイケメン達に乙女達があれこれ妄想したくなる作品、更にはネタが被りまくるライトノベル勢など、相も変わらず似たり寄ったりな物ばかりだから、半分BGMとして流していただけになっていた物もあった。無駄なセリフの多いアニメになればなるほど、耳で聴いているだけでストーリーが分かるし、声優を愛でるのにも十分なのである。


 そんな中、たとえ微妙でも足掻いている作品達もあった。真っ先に思いつくのは「アクエリオンロゴス」。初代、そしてEVOLと、雰囲気や繋がりを残したままやって来たのをガラッと変え、ベクターマシンの存在や不動GENの言葉遊びを特化させた世界観、そして激しい愛憎の捻じれと言うコンセプト以外はまるで別のアニメを見せられているような気分にさせられ、何度と無く不満や違和感が込み上げた。

 当然無理に変えようと努力しているのだから、まとまる物もなかなか纏まらずツギハギの無様なアニメに終わった。中盤から方向性が纏まり安定感が増したものの、最終回に初代アクエリオンの名曲を挿入してしまうなど、製作陣のプライドを疑ってしまう場面は最後まであったのである。

 だが、何か唯一の物を作ろうとしている気持ちだけは見えた気がする。与えられたコマ。目の前に鎮座する偉大な壁。テレビの向こうからの圧力。様々な困難に頭を悩ませながら、ちゃんと26話作った事は尊敬に値する。作らざる者より作って非難される者の方が断然格好良い。


 Kやコメット・ルシファー、ファフナーもそうだ。Kはあざとくファンの心を握りつつ、野心的な色使いとカメラワークで意味不明な世界を魅力的に楽しませてくれていたし、両手いっぱいに名作の輝きを掴んで走り出したら、どうにも上手く行かなくなって、なるように任せてみたらちょっとだけ良い感じに終わらせることがコメット・ルシファーにも出来ていたように思う(微妙は微妙だけど)。ファフナーはシリーズ一つ一つの間が開き過ぎて、何が何やら全然着いて行けないのに、作品全体から伝わるテーマだけは物凄く心に届くから、とても良い後味が残り最初のシリーズから一気に彼らの足跡を辿りたくなった。

IMG_9994.jpg 一騎と総士が手を握り水平線を眺めるラストシーン







 歳を取るたび「見たことがある」が増える


 遥か昔のように口伝や質の悪い紙にしか創作物を残せなかった時代と違い、今はほぼ永遠に寸分の狂いも無い状態で偽りの世界を残せてしまうから、次から次へと作品が生まれ歴史の隙間を埋めてゆく為、どんなに新しい物を作ろうと足掻いても、あっさり「パクリ」と切り捨てられることが多い。本当の意味でオリジナルの創作を行うなら、誰も踏み入れたことの無い土地にたった一人生まれ堕ちるしか方法は無いのかもしれない。

 だがそんなことは無理だ。人の赤子は一人では絶対に大きくなれない。第一子は生れながらにして、模倣することにより人間らしさを学んで行くのだから、たった一人では言葉さえ話せ無いことだろう。いっそ腹をくくり、優れた文化を受け継ぐのが使命であると、割り切って生きられれば良いのかもしれないが、新しい世界を夢見ることを捨て切れないのが人間の性と言うものである。

 安心、安定は必要な物ではあるが、不安や不安定も僕らを生かすエッセンス。一度しか無い人生で、まんまと見知らぬ世界を作る仕事にありつけたなら、是が非でも無茶を承知で駆け抜けて欲しいものだ。傍観者の戯言に耳を貸す必要も無いが、真に自分が遣り甲斐を感じる創作にこそ、命の時間を割いて貰いたいと心から思う。





 『来年こそ』

 そんな言葉が頭によぎるうちは、まだあなたの中で燻り続ける物が死んでいない証拠だろう。たとえ同じ風景でも、見る角度を少し変えるだけで新しい発見が必ずあるはず。まだまだ絶望してる暇は僕らには無い。古くて新しい世界を来年も探しに行こう。




 ララァには、いつでも会いに行けるから.....(唐突)




この記事へのコメント