主役を廻る争いの哀しい結末「MotoGP 2015 第17戦マレーシアGP」

あ、しまった。

MotoGPの再放送を録画し忘れた!

と思っていたら、珍しく3度目の放送があって小躍りしつつ予約しておいたマレーシアGPでしたが、あまりにショックな出来事が起きて一晩明けても憤りが収まりません....





今シーズンのMotoGPは、そろそろロードレースでのキャリアも終わりに近づいているバレンティーノ・ロッシが、去年同様の好調さを維持し、シーズン頭から良いレースをしていて古参ファンの一人としては大いに盛り上がっていたのですが、第16戦オーストラリア後にマルケスがロレンソを援護しているとロッシが非難し出して一気におかしな空気になり、今回の17戦では抜きつ抜かれつの見ている側からしたらハラハラしっ放しの面白いレースであったにも関わらず、いよいよマルケスの執拗なアタックに腹を立てたロッシがコーナーでマルケスをアウトへ追いやりわざと転倒を誘う真似をしてしまいました。

マルケスがロレンソを援護したしない、ロッシがマシンを蹴った蹴らない、その辺りはとりあえず置いておくとして、何故こんな事態に至ってしまったのか?が気になって仕方がない。

ロッシの言い分としては、後半戦に入り追い上げを見せているロレンソをなんとかしなければいけない場面で、今期のチャンプはもう無いであろうマルケスが空気を読まずにレースを掻き回すのは我慢出来なかったということでしたが、これも案外根の深い話で、第3戦で不可抗力とはいえマルケスをリタイアに追い込んでしまった負い目がロッシの心のどこかに残っていたから、マルケスのしつこいライディングに自責の念が追い立てられ有りもしないマルケスの悪意を夢想し被害妄想を膨らませてしまった可能性も否定出来ません。

遡れば二人に軋轢が生まれてしまったきっかけがいくつか思い浮かぶし、こればっかりはサーキットでギリギリのやり取りをしているライダー同士で無ければ確かなことはおいそれと言えないことでしょう。



結局、ロッシの紳士的では無い態度を問題にされ次戦は最後尾からのスタートとなり、実質ロッシの2015年シーズンは終わったと言っても過言ではありません。もしもロッシの言い分通りマルケスにも含むところがあって意図的に絡んでいたのだとしたら、まさに彼の思い通りに事が運んだと言えます。

僕が思うに、ロッシがあれだけマルケスを非難したのは、既に2年連続のチャンピオンを獲得した一人前のライダーとして認めているからだと思うのです。お前ほどのライダーなら俺にとって今1番大事なのは何か分かるだろう?と言いたいのでしょう。ロッシのやったことは残念でなりませんが、"死なば諸共"と言わんばかりにロッシの足を引っ張ったマルケスも褒められたものではありません。

モーターレースは操縦する者の技量やマシンの性能以上に、エゴの大きさが勝敗を分けます。だから今度のようなことがどうしても起きてしまうものです。後味が悪いしこんなことはそう何度も起きて欲しく無いけれど、チャンピオンを争う者ならこれくらいの負けん気が必要なのも確かだなと思いました。



こうした衝突を繰り返して世代交代は進んで行くのでしょうね。はたしてロッシは最終戦出場するのか?来期以降もMotoGPで走り続けるのか?

若手ばかりのサーキットに彼の居場所は無くなってしまったかもしれません.....









この記事へのコメント