潜入の次の日は怠い

 月曜の朝。それは有り体に言うと『怠い』の一言であります。

 基本的に身体を動かすお仕事ですので、平日の方が肉体的には疲れるはずなのに、1週間で1番だるいのはやっぱり月曜日の朝。安静にしてるより、嫌嫌でも体を動かしている方が心身ともにスッキリしていると言うのは皮肉な話です...



 まぁでも今朝は怠い理由はハッキリしています。MGSⅤ: THE PHANTOM PAINが楽しくて止められませんでした。気づいたら0時越えです。”ネイキッド・スネーク”サーガの新作であり、そして小島監督にとってコナミでの最後の仕事におそらくなるであろう本作は、それに恥じない遊びが満載でついつい続きをしたくなるんです。

 当然シリーズ物なので、本作からMGSに入ろうと言う方には、ちょっとストーリーや世界観に入り難いだろうし、潜入要素を難しく感じたりもするに違いありませんが、諦めずに様々な方法を試してみると、オープンワールドを採用したおかげか案外すんなり攻略出来たりするので、けして難易度が敷居を高くしていると僕は感じませんでした。

 自分達の基地(マザーベース)を強化していけば、武装も強化して行けるので、こそこそスニーキングせずガンガン銃を撃って進めることも出来ますが、敵兵を殺さず捕まえフルトン回収して行かないと基地が立ち行かないようになっているので、自然と不殺を心掛けるようになり(ていうか捕まえるのが楽しくて仕方ない)、うっかり殺してしまったりすると、己の力不足を痛感して罪悪感さえ湧いて来ます。

 昨今のミリタリー物は兵士をいかに殺すか?を楽しむ風潮にあるなか、いかに殺さず生かす(活かす)かを考えさせてくれるMGSのような存在は、やはり大きいんじゃないかとしみじみ思いました。


 初代PSのMGS一作目もそうですが、一見くだらないだけに思えるユニークさや、少々しつこいくらいの感傷に浸っているストーリーも相変わらず大好き。あのキャラの若い姿。あの少女のまさかの生還。幾つものあのあのあのが止まらないネイキッド・スネークの集大成、美味しすぎますね。

 まだまだ作り込みたかった!

 そんな気持ちが随所から伝わる内容に感無量です。これが最後の小島秀夫製メタルギアになる可能性も高いですし、MGSⅤは骨の髄まで楽しんでおきたいものです。まだ1章も終わってませんけどねっ!キリ




 しばらくは月曜の朝の気怠さが毎日続くかもしれませんな =ワ=;

この記事へのコメント