おっさんとゾンビと悩む旅「Deadlight」Tequila Works/Microsoft Studios/Xbox360/PC/感想  

 日曜の夜、明日からまた始まる労働の日々に備え、誰も彼も今を噛みしめるようにまったりしている中、僕はコントローラーをがっしりと握り締め、無駄にイライラしていました。






 最近じゃまったく珍しく無い、大規模なパンデミックが起きてそこら中ゾンビだらけになってしまったという世界観で、主人公は娘と妻を探す為、一緒に生き残った仲間と離れて奔走し、パンデミックから半年ほど経った街がどう変貌してしまったかを目にしてゆきます。

スクリーンショット 2015-08-31 5.44.17.png

スクリーンショット 2015-08-31 5.44.41.png

スクリーンショット 2015-08-31 5.45.43.png


スクリーンショット 2015-08-31 5.46.21.png



 冒頭から感染者に噛まれてしまった仲間の一人を主人公が”処分”するショッキングな場面から始まり、最後に哀しい真実が突きつけられる王道の自己満贖罪ストーリーなのですが、2.5次元ゲームらしい止め絵でのデモシーンが案外ツボにハマり、個人的には凄く良い話だったと感じました。

 ゲーム的にもパズル色が強いため、結構楽しめる物になっているのですが、若干操作性に癖があるというか、キャラの動きがリアル寄りのゲームのためモッサリしているから、強制的に急がされるようなシーンになるとトライ&エラーの繰り返しにウンザリさせられます。パズル要素も比較的難易度が高く、ごちゃごちゃしたオブジェクトに惑わされ悩む場面も何度かありましたし、最後まで根気良く付き合わないと行けないのは少々胃にもたれました。

 長らく積んでいたからかもしれませんが、僕の中ではボリューム的な不満は無かったものの、中盤より手前で積んでいたにも関わらず、3時間一気にプレイしたらクリア出来てしまったので、尺としては短い方なんでしょうね。まあ、どうしても分からない部分はネットの攻略サイトを使って進めましたし、収集物を全て集めるなどしてまともに攻略していたら、まだまだ時間がかかったに違いありません。




 不景気、気候変動、エネルギー問題、国際情勢、上げればキリが無い不安要素に揉みくちゃにされている僕らの心。そんな僕らの心情をそのまま糧にしてゾンビ物は増え続けています。

 いつか、

「ゾンビ物?なにそれ?」

 なんて言われる時代がやってくるのでしょうか?



 10月からは「ウォーキング・デッド」のシーズン6が始まることだし、今度の積みゲー消化はウォーキング・デッドのゲーム版にしましょうかね?( =ワ=)






この記事へのコメント