2015年05月13日

チャンネルを自分に合わせる時代に何が必要なのか?

寝ぼけながらも今朝のYahoo記事をチェックしていたら、未だ低迷期にあるフジテレビと縁の深いニュースが目に付きました。

AKB総選挙

豊川悦司再婚

ダイジェストだけなF1...



既にAKB集中というよりは、分散状態にあるアイドル人気。好き嫌いを通り越して執着することに”執着”してる人ばかりが気にしている総選挙なんてゴールデンで放送する意義をあまり感じない。豊川悦司の再婚にしたって、別に私生活が気になって、彼の出演作品を観るわけではないので、演技さえちゃんとしてくれればどうでも良いことだ。


ただ、豊川悦司さんが既に53歳であった事実には驚いた。というかびびった。もうそんなになるのかと。

思春期の頃、お茶の間の夜9時台10時台を我が物顔で奪っていたフジテレビに豊川悦司さんも出演していたものだが、あの落ち着き払った風情と存在感に大勢が夢中になってましたよね。トヨエツとか呼んでたよな姉達も....

僕は特に「この世の果て」が好きでした。様々な男女が絶望を抱えつ複雑に絡み合う本作で、主役では無いが重要な咬ませ犬として良い演技を見せていました。当時全盛の役者が軒並み顔を揃えてもいたし、野島伸司脚本たまらんですよ。

渋さとのギャップも面白い人ですよねトヨエツ





後はそう、最近興味が湧かないF1だけど、ダイジェストだけの放送とかどうなんですかね?

スカパーでもパックに含まれるチャンネルでは再放送しか見れないし、どうもフジテレビは「僕の前に道はない僕の後ろに 道は出来る」のだという前向きな意識に欠けるように思えます。数字が悪かろうが、F1人気が低迷していようが、だからこそやらねばならない、いや、やるぞ!という気概を感じません。


日本でテレビ放送が開始して60年以上経った今、散々使い古されたネタ、手法ばかりで番組作りは難しくなってしまったかもしれないけれど、気持ちで負けなければ自然と数字もお客もついて来るはずですし、適当に他局の手垢にまみれた内容の番組を作る暇があったら、しっかりとマーケティングをして必要される番組、必要として貰える番組を目指してセンスを磨いて欲しいものです。






と、勢いで適当なことを書いて来ましたが、正直フジテレビがどうの言うよりテレビ自体にそこまで魅力が無いのでは無いかというのが僕の正直な認識ではあります。例えばニュース番組にしたって、時間枠の中にどれだけ自分に必要な情報があったか考えると首を傾げてしまうし、知性を感じないお笑い芸人の稚拙さをダラダラと垂れ流すバラエティも面白く無い。自分の生活リズムに合わせ、レコーダーによる録画やネット配信での視聴が当たり前になって、番組の合間にCMを入れる意味が失われ本編が広告の代わりになっているような本末転倒番組も多々見られます。

ズバリ「今」見たいと思ったものを見れないからこそテレビの勢いは落ちているのだと思います。情報だけならネットの応答力に敵いませんしね。

予算が無ければ作れない内容の番組もあるだろうし、今もっともテレビに必要なのは有料化な気がしてなりません。有料化すればスポンサーの顔色をそこまで窺う必要も無く番組を作れるようになるし、番組の面白さは加入者の数で判断出来るようになるから、視聴者の中から抜き出した形で視聴率を計る怪しげなビデオリサーチに頼る必要も無くなります。


この不景気に有料化して、本当に作りたい番組を作り、見たい番組を見れるようになるのか?それはやってみなければ分かりません。

少なくとも僕がアニメ以外の地上波番組にほとんど興味が湧かない理由だけはまず解消されると思います。



皆はテレビにどう変わって欲しいだろう?

もしくは変わって欲しく無いだろうか?



お金とやる気が有り余っていた時代が死に絶えて久しい世の中で、何が生まれ残ってゆくのか考え出すと、期待より不安で胸がいっぱいになってしまう自分が寂しい台風の日でありました台風



posted by lain at 07:15 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TVその他  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。