これでもまだ、アニメーター目指しますか?「アニメがお仕事!」石田敦子/少年画報社

 主人公がアニメの制作現場で奔走するSHIROBAKOを観ていたら、ついついこの漫画を読み直したくなりました。


IMG_7081.JPG


 有名なアニメーター”石田敦子”さんの経験から語られるアニメ業界の厳しい現実の数々と、それに耐え抜いた者だけが見ることを許される美しい光景が胸を熱くする良い業界漫画なんですよね。


IMG_7073.jpg

IMG_7074.jpg

IMG_7079.jpg

IMG_7072.jpg

IMG_7068_2.jpg

IMG_7069.jpg
色んな想いを抱えたアニメーター達が実に魅力的





 自分より先に動画マンとしてアニメ業界に入っていた双子の弟の元に転がり込んで来た”イチ乃”ちゃんを中心に、動画マン視点からアニメ業界のネガティブな面(8割)と遣り甲斐(2割かな....)とに焦点を合わせてゆくのですが、一昔前の昼ドラ級に次々と問題が起きるので、憤った感情のやり場に困って非常にモヤモヤします。あの大張さんと結婚していたことがある石田さんならではの、クリエーター同士の特殊な恋愛事情もドロドロと描かれていてかなりやばぁい....

IMG_7084.jpg
IMG_7083.jpg
IMG_7085.jpg
IMG_7086.jpg

IMG_7087.jpg
IMG_7075.jpg

IMG_7077.jpg




 今より少し前(主人公がPHSの話しをするくらいに)の業界ネタなので、オタクへの風当たりがかなり厳しく描かれているし、アナログでの制作過程が中心になるからピンと来ない人も居るかもしれませんが、良い画を作って良いアニメにしたい!と頑張っている人なら、一度はぶち当たるに違いない人間関係の難しさや賃金・労働時間の世知辛さに関しては激しく共感するんじゃないでしょうか?




 本当に試練の連続なアニメがお仕事。一つ壁を越えて希望が見えたと思ったら、直ぐ様次の壁が現れます。それでもなお描くことを止めない、止めたくないイチ乃ちゃん達を見て、アニメーターになりたいと思う人がどれだけいることだろう?SHIROBAKOはアニメとして本当に面白い。制作進行から原画、音響、声優、美術、原作者、監督、アニメに関わるあらゆる人のことも上手く描いています。でも実際の現場を描いた作品としては口当たりが優し過ぎる気もする。媒体こそ違うけれど、現場の厳しさと遣り甲斐の狭間で揺れ動く心模様としては、間違いなくアニメがお仕事!が上だと思います。



 アニメの仕事だけじゃなくて、一見夢がある仕事に思えても、やってみたら他の仕事と変わらなかったなんて当たり前なんですよね。その当たり前の中で、どんな意識を持って働いて行くのか?淡い希望や期待は打ち砕かれてナンボ。その打ち砕かれた先に本当に何も無いのか?と悩みながら頑張ってゆくほか無いのが仕事なのです。


 この春から新しい環境へ飛び出してゆく若者達が、石田さんのような厳しくて優しい先輩の背中を見つつ、遅い歩みでも一歩ずつ自分らしい答えに近づいてゆけたら良いなと思います。





 どうでも良いけど石田さんの絵は昔から何処か色っぽいさがありますよね。


IMG_7066.jpg

IMG_7067_2.jpg

こういう身体のラインの見せ方もなんかエッチ...




 勇者シリーズや魔法騎士レイアース、ナデシコのOPだって大好きでした。作画が乱れまくってた「神八剣伝」も石田さんのデザインしたキャラ目当てで毎回欠かさず見てたなぁ....今は漫画で手一杯なようですが、いつかまたアニメがお仕事な現場につめていただきたい。また見たいです石田敦子さんの画が動くのを....




IMG_7080_2.jpg

ツイッター @ishida_atsuko 

この記事へのコメント