全人類を巻き込んだ痴情のもつれの行方は...「アルドノア・ゼロ」あおきえい(監督)/A-1 Pictures

 Gレコとは真逆に、現代アニメの道を歩いたアルドノア・ゼロは、地球VS火星と言う構図と、火星の姫と二人の男の三角関係と言う部分にほとんど絞って描かれていたため、非常に分かり易いメロドラマでしたね。

IMG_7049.JPG


 様々な特性の火星のロボットが現れたり、各陣営の群像劇もありましたが、誰がなんと言おうと三角関係のもつれアニメとして僕は観ていたので、衝撃的な盛り上げ方だった一期目の終わり方が上手いなぁと思っていたのですけど、2期目は上手く纏め過ぎた感じがしてしまいました。もっとドロドロした男と女の物語にして欲しかったです。


 再三思っていることなんですが、1期の終わりで伊奈帆くんの負った傷は相当なものでしたし、火星の軍もかなりの痛手を受けたのですから、19ヶ月後という舞台設定ではなく、もう少し彼らが心身共に大人になった3〜5年後くらいの設定で再開して欲しかったです。度重なる戦闘を経験しているのに、精神的に病んでいない面々の水着回で始まったのにもガッカリしました...

 意識不明で身も心も少女のままの姫を巡って大人になってしまった二人が私闘を繰り広げ、感情が分かり難い伊奈帆くんの顔がなにくそっ!と、一度でもなるシーンも見たかった(細かな演出で感情のうねりは描かれていたけれど、あえてそのルールを破って昂ぶらせて欲しかったのです。)

 結局三人共距離を置いて互いを想い合っているという、実に純朴な愛の描き方なので悪くは無い後味ではありますが、綺麗過ぎますますね。あれこれ深く考えたがるどっぷりファン達は、どう感じたのでしょう?



 良くも悪くも今どきアニメらしいキャラ観作品でしたから、Gレコに心酔している人は歯牙にもかけない作品だったかもしれないけれど、もしもGレコとアルドノアの良いところを掛け合わせたとしたら、物凄い化学変化が期待出来そうな予感がします。アルドノアの言葉ではなく表情でじっくり語る上手さがGレコにあれば、もっとキャラに感情移入出来たんじゃないかと思うし、机上の空論的痛快さが格好良いのと同時に弱点であるアルドノアの戦闘シーンを、Gレコ級に躍動感ある物に出来たとしたら、あの二人の男の命の重さが更に重いものに映ったかもしれません。

 完全な作品など無いし、ましてや誰かが作った作品に自分の感性がピッタリハマるのだってまずあり得ないことなのは分かっているつもりですが、あと少しこうだったらと思ってしまう作品に出逢うと、未練がましい不満を口にしたくなる自分がいて残念な気分になります。作品の善し悪し以上に、それを受け取る自分の柔軟さが駄目になって来ているのを実感してしまうので....





 どうでもいいけどアルドノアで一番の収穫は、今更”澤野 弘之”さんの”SawanoHiroyuki[nZk]”名義の楽曲の数々の良さに気付いたことかもしれないなぁ....♪

この記事へのコメント