渋いおっさんと無愛想な坊やが御所望ならこちらになります_(._.)_「応天の門 1巻」灰原 薬/新潮社

 僕は歴史に詳しくは無い。

 ぼんやりとこんな時代があって、こういう人たちが居たとなんとかく知っているだけの不勉強者だ。

 でも、現代人に当て嵌め難い志や文化形態を物語として楽しむのは大好きだ。特に大した知識が無い者でも、この時代はこうに違いないと合点が行くようなこだわりが見える作品には目がない。中でも中国の古典物を描かせたら天下一品の”皇なつき”さんや、”小野不由美”さんの「東京異聞」をコミカライズした”梶原にき”さんの醸し出す風情は、消費が美徳の現代において得難い存在だ。

 他にも自分なりの解釈でありながらも、ある種の到達点にある作品も面白い。”茶屋町勝呂”さんの独特な龍馬像が萌える「あざ」。男女逆転という脳内妄想200%なのにちゃんと時代背景や物語として成立してる「大奥」や、嘘まみれなのに何故かしっくり落ち着く「テルマエ・ロマエ」のような飛び道具も素晴らしい。歴史的に新しい世界観ではあるけれど、萩尾望都さんの「トーマの心臓」と「ポーの一族」なども、作者の希望的描写が強い中こうもリアリティを感じるのは何故だ?と問いたくなるほど高みにある。


 "灰原 薬"さんによる平安京物である本書は、前者と後者の狭間で美味しいとこ獲りしたような印象を受けて実にバランスが良い。建物の描写は女性作家らしくスタッフがやっているのか淡白ではあるものの、老若男女・美男美女・醜女醜男関係なく顔から体つき、そして服装の描き分けまでも素晴らしく、都の品と闇が匂い立つようなセリフ達がそこに乗ると無類のグルメも黙々と食しそうである。

IMG_6520.jpg
IMG_6517.jpg
IMG_6519.jpg
分かり易い子供VS大人の構図

IMG_6518.jpg
この顔を描いてる時の灰原さんを見てみたい

IMG_6522.jpg
なんとも絶妙なバランスの女衆

IMG_6521.jpg
こうしたキャラ絵のギャップが最高に物語を盛り上げてくれる




 夜這いを生業にしているようにしか見えない渋い中年貴族”在原業平”と、学問にしか興味が無く幼名で呼ばれると直ぐにムキになる可愛子ちゃん”菅原道真”が京で起きる事件を解決してゆくバディ物で、ちょっぴり菅原道真周辺が可愛すぎるところもありつつも、この時代に無理なくハマる事件概要と解決方法なのがかなり良いです。


 どの国のどんな時代であっても、宮中のドロドロした人間関係は実にドラマにするのに適した土壌であります。いつか、何百何千年か経った時、大戦終結から今に至るまでの日本の政治や皇室についても、同じように物語として扱われる日が来るのでしょうかね?

 まあ、平安京が多くの人たちの愛されているのは、ひとえにあの時代を裏付ける文献が限られているからこそ人々の期待や想像が一人歩きしてしまったからに他ならないわけで、今の世の情報化社会がこの先も壊れずに保たれてゆくなら、現代はそれほど想像を掻き立てる存在にならないかもしれません。



 どんな明瞭な映像や、言葉だけでも僕らには足りない。妄想力を最高に引き出してくれる素敵な嘘こそ望むところであります。


IMG_6516.JPG



 灰原薬さんのHP http://yak-h.blogspot.jp

 月刊コミック@バンチ http://www.comicbunch.com/comicinfo/outennomon/

この記事へのコメント