森博嗣先生じゃないけど、雑誌のバックナンバーを取り寄せる機会が増えましたw「SFマガジン 2012年 3〜4月号 『女王の窓辺にて赤き花を摘みし乙女』”レイチェル・スワースキー”(著)」小説

昨年、国内外のSF作家による”日本”を題材にした短編集「THE FUTURE IS JAPANESE」を読んだ際、まったく宇宙ともマシーンとも関係ない心霊現象もSFであると認識させてくれたレイチェル・スワースキーを気に入り、彼女の作品を日本語で読めるものを探していたらSFマガジンのバックナンバーにぶつかりました。

IMG_6251.JPG


もう既に様々な賞を受賞しているようですが、何故か日本で翻訳されているのは「THE FUTURE IS JAPANESE」に収録『樹海』と、SFマガジン2012年3〜4月号に掲載された『女王の窓辺にて赤き花を摘みし乙女』だけと言うのが辛い。

SFマガジンに掲載された「女王の窓辺にて〜」は、女性が高尚な存在とされている王国の魔女が、愚鈍で汚らわしい男共から王国と愛する女王を守ろうと偵察に赴いたところで、最愛の人である女王の差し金で命を落とすことになり、しかもその魂は成仏することも許されず、彼女の豊富な魔法の知識を求めた者達に度々現世の依り代へ呼び出されることになるというお話。

最愛のひとの最後を看取り、王国が滅び去った後に蔓延った愚かな男共の召喚を退け、時折マシに思えた召喚者に限り魔法を授けてゆく彼女。様々な召喚者を相手にしてはまた暗闇に帰ってゆく姿を見ていると、延々とコールドスリープさせられているようでもあるし、ウラシマ効果で周囲と違う時間を生きている宇宙飛行士にも見えて哀れに思えて来ます。


この作品からは女性作家らしい女尊男卑的な表情も見え隠れするけれど、そうした考えに対する葛藤も書いているのが良いポイントでした。レイチェルさんのような作家さんから入れば、女性でもSF世界に馴染んで行きやすいような気もしますね。

IMG_6252.jpg
橘 賢亀さんによるイラストも素晴らしい




ほとんどファンタジー小説ではあるものの、時空を超える物語の終盤で魔法を科学的に定義しようとしている世代に入って行く辺りは紛れもないSFでした。柿沼瑛子さんの翻訳も相変わらず読み易くて良い。この手の作家&作品が世に出し難いというのは、まだまだ日本女性のSFファンが少ないということなのでしょうか?


SFは理詰めで面倒なイメージがあるやもしれませんが、専門用語が分からないままでも十分楽しめる物だと僕は思ってます。僕自身そうですからw

すべて物語を盛り上げるためのお化粧だと思って、一見さんお断り状態に見える表紙を手に取ってみて貰いたいですね(゜∀゜)


この記事へのコメント