犬好きには悪い奴は居ないって、ばっちゃんが言ってた「銀河英雄伝説 外伝|オーベルシュタイン編」舞台

数多の英雄が煌びやかに瞬いては散っていった銀河英雄伝説。

その中でも、泣きに泣いて惜しんだのはヤン・ウェンリーの死に他ならないが、昨日1月14日が誕生日であったジークフリード・キルヒアイスの死も、それに負けない衝撃的な出来事でした。



銀河英雄伝説は兎に角登場人物が死ぬ。戦争や政争について描いているのだから当然ではあるが、ファンが思い入れを感じている主役級の人物まで次々と死んで逝くから衝撃が大きいのだ。僕の影響でアニメの銀英伝を観るようになった友人などは、あまりにも主要人物に人死にが出るため、こいつはどんな死に方をするのだろうか?と、悪趣味に楽しんでいるような節さえあった。

ただし、ただテコ入れで奇をてらい殺しているわけでは無かったと思います。それなりの背景があって死に辿り着いていた気がします。その死を認めたくない、認めない!とファンが感じるのも、作者である田中芳樹氏が、ちゃんとファンに惜しいと思って貰えるだけのキャラ作りに余念が無かった証拠と言うものでしょう。

キルヒアイスにしても、皇帝に姉を奪われることとなるラインハルトと出会い、彼と共に彼女を奪還すべく打倒皇帝を胸に刻んでラインハルトと深い友情を育んで行く過程を嫌と言うほど見せられたがために、二人の友情にヒビが入った途端に訪れた悲劇にファンは慄いたわけです...




そんなキルヒアイスの死に、深く関わっていたのがパウル・フォン・オーベルシュタインでした。

先天性の障害で両目が義眼と言う彼は、自分の遺伝子を劣悪とみなす現体制を打ち砕いてくれそうなラインハルトの陣営へ政争のプロとして自らを売り込み、登用後は遺憾無くその冷徹な手腕を敵味方関係無く発揮した。

しかし、冷徹であるがゆえに人の心を軽視したオーベルシュタインは、No.2不要論をラインハルトに実践させ、式典にて常にラインハルトの傍で銃の携行を許されていたキルヒアイスの特権的立場の剥奪を行い、結果キルヒアイスは暗殺者との揉み合いで命を落とすことになってしまった。

これがただ単に凶弾に倒れただけの話であれば、これほどキルヒアイスの死を惜しいと思わなかったことでしょう。オーベルシュタインの進言により貴族連中の凶行を完全には防ごうとしなかったラインハルトとキルヒアイスとの間にギクシャクした空気が生まれて間も無く起きたことだからこそ、その死が重くのしかかることとなったのです。





その後も大勢の命を天秤にかけてラインハルトを覇王へと誘っていったオーベルシュタイン。やることはえげつないが、時折人間らしさを見せるから実に魅力的な人物でありました。見知らぬ犬を、自分の飼い犬だと勘違いされた時も、実際にその犬を飼うようになる辺り、無愛想な男の愛らしさが垣間見えて良いエピソードだった。

足掛け4年10作品に及ぶ舞台版銀英伝で、オーベルシュタインを主人公にした完全オリジナルストーリーがあるのですが、オーベルシュタインが何故その犬を可愛がるようになったかを、彼と彼の腹違いの兄(オリジナル要素)との愛憎劇で語る内容でなかなか面白かった。

IMG_0026.jpg
兄と一緒の時だけ柔らかい笑顔を見せるオーベルシュタイン

IMG_0027.jpg
オーベルシュタイン家の裏稼業を引き受けている兄

IMG_0028.jpg
貴水博之は普通に絵になる男だ

IMG_0029.jpg
赤毛の坊やもちょびっと出演





少しオーベルシュタインのイメージと違うようなウェットさもあるけれど、それについても上手く補足出来ていて、秀逸な銀英伝の同人誌を読んでいるような感じを受けました。

相変わらず貴水博之さんのオーベルシュタインは味があるし、舞台版は原作のセリフのイメージをしっかり踏襲しているから大きな違和感が無いのも良い。

演出面でも、過去話に切り替わる時、オーベルシュタインの両親が肖像画から登場したり、犬を伴って歩き去るオーベルシュタインの後ろ姿をスクリーンに投影しフェードアウトさせたりと凝っていて上手かった。

少しでも気になったなら、どうかDVDをチェックして頂きたい。銀英伝ファンなら必ず楽しめると思います♪

IMG_0030.jpg
IMG_0031.jpg


どうやら今年も新たな公演が行われるようだし、まだまだ銀河英雄伝説は伝説のまま終わる気配は無さそうで喜ばしい限りだ。
そろそろ海外に進出して、全話ドラマ化してもらいたいですw





最後に、おなじみのアフタートークでオーベルシュタインの名台詞「そうか、私の犬に見えるか」を田中芳樹氏に向けて口にする貴水の図( = 3 =)
IMG_0024.jpg

この記事へのコメント