死とは命の限りにあらず「The Indifference Engine」伊藤計劃(著)/早川書房

たった二年足らずのプロ作家活動でありながら、これほど惜しまれる小説家も近年稀なのではないでしょうか?

世に出た3冊の単行本だけでは到底満足出来ないと、彼の死後次々と雑誌掲載作品などを中心に書籍が発売。遺作となった「屍者の帝国」などは、盟友”円城塔”さんによって完成することにもなった。

僕の好みが偏っていること。小島秀夫という著名人が彼を放っておかなかったという背景も確かにあるけれど、それらを差し引いても伊藤計劃という人は過分に評価された人物では無いと思うのです。

今回読ませて頂いた短編集収録の虐殺器官スピンオフ"The Indifference Engine"の総毛立つほどの静かな怒りは素晴らしいとしか言いようが無いし、虐殺器官の元になったというスナッチャーの同人的作品やメタルギアソリッド3のその後を書いたもの等も、小島ワールドの魅力を十二分に引き出していて最高だった。

007のジェームスボンドをSFちっくにオマージュした短編にしても、元の007をほとんど知らない僕が、もっとこの先を読みたいと思えました。自らを皮肉った「セカイ、蛮族、ぼく。」の片鱗も合わせ、伊藤さんの非凡さ、貪欲さが其処彼処から伝わって来るのです。


伊藤さんは受け取ることがとても上手な人でした。しかし試行錯誤な努力の日々を経て、手渡すことも上手な人になりました。その身を蝕む存在への生々しい想いが反映された作品群からは、諦めでも後悔でもなく、やり場のない怒りが静かに燻り出していて


死とはなんだ?

生きるとはどういうことだ?


という切実さがあり、本物の葛藤が嘘の世界に命を吹き込んでいたからこその凄味がありました。それは、どんな負の要素でも、生きた証を立てる糧に出来るのだと、僕らに知らしめてくれているようでもあります。






そんな伊藤計劃さんそのものである作品達の魅力を、どれだけ伝えられる物になるのか、まだなんとも言えませんが、フジが作るという虐殺〜屍者までのアニメ版により、これから先、伊藤計劃さんのミームが更に広まってゆくのは間違いないことでしょう。

本当の意味での死とは、人々の心から忘れ去られることだという言葉、言い得て妙ですね。



願わくば、僕ら自身のミームも何処かに遺して行けますように.....

この記事へのコメント