幻想に恋する男の名は『村田兼一』

 日常生活では禁欲的な態度で素知らぬフリをしたり、ブログでBLや男の娘の話に熱が入ったりしていても、僕はやっぱり女の子が大好きだ。

 子供を産める女性だからこその骨盤の形状から産まれる滑らかな曲線や、左右対称に実った膨らみの量感を前にしたら、ただただ感嘆をあげて降伏するしか僕に選択肢は残されていない。


 
 無論感嘆をあげるだけで済むわけでは無い。性的に興奮するわけだから、大きな声で言いたく無いこともしたくなる。正直、女性を「可愛い」「美しい」と感じた時、間違いなくこの女性と『セックス』がしたいという気持ちが僕の中にはある。大小はあっても、性欲を皆無だと言ってしまうような恥知らずにはなれません。

 裸が見たい。美人でも無く、とびきりの裸じゃなかったとしても、それはそれで味わい深い裸なら是が非でも見たい。ムラムラモヤモヤしたい。そして全てが夢想のままで終わって欲しい。

 やっぱり軽くマゾなのかもしれない。



 打海文三さんが『Rの家』で「我々は生身の人間に投影した自分の性幻想に欲情するんだ」と書いていたが、実に身に染みる言葉だった。まさに僕の性はそこにある。そして、それは僕だけの話では無い。

 例えばSNSに露な写真を投稿し続ける女性達であったり、アイドルなのかAV女優なのか曖昧な位置で笑顔と肉体を振り撒く素人集団。彼女達は自分のことを見ているであろう人々へ挑発行為を行い、自らを貶めることで得られる開放感に浸っているが、ひとたび熱が冷めたら自己嫌悪の固まりになってしまうことだろう。幻想こそが最高の調味料なのだ。

 
 書いていることが書いていることなので、脳に血が行っていないのか支離滅裂になって来たけれど、ようするに村田兼一という人の撮った写真は、まさに性幻想を掻き立てる作品であると言いたかった。

IMG_5166.jpg

 ただの全裸写真でもなく。よくあるグラビア写真集の構図でもなく。浮世絵やゴスロリな妖艶さの枠の中で、SMを用いて拘束と解放を表しているからエロティズムと同時に儚い美しさを感じて興味深い。見る者だけではなく、撮られる者さえ魅了する力がある。

IMG_5167.jpg

IMG_5168.jpg

IMG_5169.jpg

IMG_5171.jpg

IMG_5170.jpg

 「眠りの姫」と「パンドラの鍵」しか目を通していないので、漠然とした感想になってしまうけれど、ソフトフォーカスが効いている眠りの姫と、”七菜乃”さんという人形のようなスタイルのモデルが印象的だったパンドラの鍵の両方の良いところを縫い合わせたら更に良かったのではなかろうか?

 七菜乃さんはスタイルの面でも表情の面でもかなり素晴らしかったけれど、個人的にはもっと無機質な表情で感情が欠如している人形に徹して欲しかったし、撮影セットとモデルの溶け込みが今ひとつに感じてしまうところもパンドラの鍵は勿体無い気がしてしまった。単純に好みの問題かもしれないけれど、いっそもっとPCで加工して一体感を出した方が七菜乃さんの自然な美しさを感じられたに違いない。

 村田さんの作品世界は、山本タカトさんの世界観とも通ずるものがあるので、写真の加工やモデル次第でもっと凄い幻想を見せてくれるのでは無いかと、ついつい高いレベルを期待せずにはいられないです。

IMG_5172.jpg

IMG_5173.jpg

IMG_5174.JPG

IMG_5175.jpg


 良い写真家には良いモデルが群がって来るものですが、村田さんのような一般的な「普通」の尺度で推し量れないような写真家さんの元へ、これだけの女性達が集まって来るのは、ある意味今の時代を映しているのかもしれませんね。アレも駄目、コレも駄目と息苦しい世の中に風穴を空ける美しい女性達にホイホイとこれからも付いて行こうと思います。



 追伸、心も身体も見えそうで見えないくらいの方がエロいです。




 村田兼一オフィシャルサイト http://murata.main.jp

この記事へのコメント